FC2ブログ















ジェノサイドか否か (5) プラン・デ・サンチェス I 

国内の刑事裁判が遅々として進まない一方、
国の責任を追及する訴えも起こされています。


代表的なのがプラン・デ・サンチェスの虐殺事件。
リオ・ネグロと同じくバハ・ベラパス県のラビナル市にあるプラン・デ・サンチェスでは
1982年7月18日、国軍及びPAC(自警団)らによる住民の虐殺事件がありました。


当時の大統領は、3月に就任したばかりのエフライン・リオス・モント将軍。
有名な「豆と鉄砲(Frijoles y Fusiles)」作戦や
「荒らされた大地(Tierra Arasada)」作戦を導入した人物で、
プラン・デ・サンチェスの虐殺事件はこういった文脈の中で起こったものです。


幸運にもこの虐殺を生き延びた人たちは、あまりの恐怖に村を離れ、
しばらく沈黙を守るのですが、
92年頃になってようやく、焼かれ、掘られた溝の中に捨てられたとみられる
被害者らの遺体の発掘と当局の責任を追及する声を上げたのでした。


当局からの様々の妨害を受け、
国内法ではにっちもさっちもいかなくなった原告は
米州人権委員会(米州機構に属する委員会)にこの件を提訴、
それが認められて米州人権裁判所(コスタリカ)で裁かれることとなり、
2004年にやっと、国の責任と損害賠償を認める判決が下されます。


この判決文、英語版でもスペイン語版でも100ページ以上ありますが、
原文を米州人権裁判所のサイトで見ることができます(英語版スペイン語版)。


折角なので、この判決文を読みながら、話を続けていこうかと。
なので、この項、続きます。



[ 2008/03/15 11:57 ] 内戦 | TB(0) | CM(0)

ジェノサイドか否か (4) リオ・ネグロのこと 

グアテマラの内戦で、今まで罪を問われた人はいなかったか、
というと実は国内で有罪判決が出て懲役刑になっている人もいたりします。


グアテマラシティーの北にあるバハ・ベラパス県のラビナル市に
リオ・ネグロという村があります。
1982年、国軍及び自警団(PAC)により住民が虐殺されるという惨劇の舞台となった村でした。


話は少し遡るのですが、1978年、この地域に水力ダム建設の話が持ち上がります。
世銀、米州開発銀行などの援助を得て進められたこの計画、
現在のグアテマラの電力供給に欠かせないダム及び発電所となっているのですが、
建設には、当時その付近に住んでいたアチー族住民の立ち退きが必要でした。


しかしながら、政府から割り当てられた土地は
以前の土地ほど豊かではなかったことなどから、
多くの住民が故郷に戻って来ておりました。


その住民たちを殺害したこの事件、
後にリオ・ネグロの虐殺事件と呼ばれるようになります。
とは言え、全員が一度に殺害されたわけではなく、
1982年の3月13日に177人、5月に82人、9月に92人が殺害されたとか。
生き残ったのはわずかばかりの子供たち。
彼らは兵士らに引き取られ、奴隷のような生活を送ることになります。


その中の一人がヘスス・テクー・オソリオ(Jesús Tecú Osorio)。
1971年生まれのヘススは、虐殺事件で家族のほとんどを失い、
PAC隊員の家に連れて行かれましたが、
幸運なことに、やはり虐殺事件を生きのびた姉が
2年後にヘススの親権を主張、奴隷生活から逃れることができました。


そして1993年。まだ内戦の終結しない頃に、
ヘススはこの虐殺事件の責任者3人を告発、
虐殺された人々が埋められている場所の発掘を要求します。


現在ですら、グアテマラでは力を持っている相手に対抗しようとする時には
常に自分の身に危険が及ぶ可能性が存在します。
当時も、一時ほど激しくなくなったとは言え、暗殺はまだまだ続いておりました。
そのようなリスクを犯してまで真実を語り、正義を求めた彼には、
1996年、リーボック人権賞が授与されております。
リーボック人権財団のサイト(英語)。


そしてヘススが告発した元PACの3人には、
「人道に対する犯罪を犯した」として98年に死刑判決が下りました。
この判決は99年に懲役60年に減刑されましたが、
この36年の内戦に関連して国内で有罪判決が出たのは、
このリオ・ネグロの虐殺事件と95年のシャマン事件くらいではなかったか・・・。


ヘススはその後、賞金を元に新しい希望の財団を創設、
学校を建設したりして、ラビナルの人々のために活動しています。


リゴベルタ・メンチュさんほど有名ではないですが、
グアテマラの内戦を語る時に忘れてはならない人だと私は思います。



[ 2008/03/04 20:25 ] 内戦 | TB(0) | CM(0)

ジェノサイドか否か (3) 

久しぶりにこのテーマに戻ってみたいと思います。


元々、これについて考えるきっかけになったのが
Hunahpu e Ixbalanqueのこの記事
写真はおそらくスペイン大使館焼討事件の時のものだと思います。


そしてその記事のコメントにあるリンク先。
El Periodico紙に1月31日に掲載された、アシスクロ・バヤダレスの論説です。
バヤダレスは元行政庁長官、数日前に駐バチカン大使に任命されたばかりです。


ジェノサイド?と題されたこの論説、かいつまんでみるとこうなります。



内戦の時に、ラディーノであるという理由で殺害された人がいただろうか?


疑いもなく、殺されたラディーノは大勢いるが、ラディーノであるが故に殺害されたわけではなく、
ラディーノであろうとなかろうと、
ゲリラであったか、あるいは反ゲリラであったが故に殺害されたものと思われる。
ゲリラはラディーノであるが故にラディーノを殺害したわけではなく、
反ゲリラ勢力であったが故に殺害し、
反ゲリラ勢力はゲリラであったが故にラディーノを殺害した。


インディヘナについても同様である。
インディオはインディオであるが故に殺害されたのか、
それともゲリラ、あるいは反ゲリラであったが故に殺害されたのか?
ガリフナやシンカはどうであろうか?


システム化された集団殺戮は民族に向けられたものであったのか、
それともゲリラや反ゲリラに向けられたものであったのか。


ジェノサイドでないものをジェノサイドとして責任を追及することはできないし、
ジェノサイドでなかったことを元にして当局のジェノサイドに対する責任を追及することはできない。


ガルソンもぺドラスも、あるいは我々の判事も、
まず最初にこれがジェノサイドに相当するのかどうかを決定しなければならない。
そうでなければ、この犯罪での責任追及は不可能である。


ジェノサイドはあったのか否か?


もしジェノサイドであったのなら、責任を追及し、
責任者が刑罰を受けるまで、その手を緩めてはらなない。
もしそうでないのなら、どんなに重大な犯罪であったとしても、
この犯罪で追及することはできない。
いずれにしても、検察と裁判所がこれを決定することになる。
否、むしろ決定する義務を負うのである。



バヤダレスのこの論説については、本人の主張
「まずこの犯罪がジェノサイドかどうかを見極める必要がある」
という部分とはちょっとずれたところでのコメントが多くついているのが残念ですが、
ジェノサイドが「国民、人種、民族あるいは宗教的集団」に対する大量虐殺、と定義されていることを考えると、
バヤダレスの意見はごもっとも、と私は思います。


グアテマラで起こったのはラディーノ対インディヘナの戦いではなく、
国対ゲリラの戦いでした。
東西冷戦の狭間で起こった、政治的争いだったわけです。
政治集団同士の争いが、やがて国民を巻き込んでいったという意味では、
エルサルバドルの内戦などと同様です。


ただ、グアテマラの場合は、激戦地となった(すなわちゲリラの基地となった)山岳部の多くは、
インディヘナの居住地でした。
地図から消えた村や集落が多く存在し、数知れぬ虐殺事件があったのもまた事実です。


さてでは、どうしてこれをジェノサイドとして訴えなければならなかったのか。
いつになるかわからない次回では、それに触れてみたいと思います。


[ 2008/02/27 23:14 ] 内戦 | TB(0) | CM(0)

ジェノサイドか否か (2) 

内戦の話を取り上げた途端にヘルマン・チュピーナが亡くなり、
そのことにも少し触れておきたいと思います。


ヘルマン・チュピーナ(Germán Chupina Barahona)は、
1978年から80年まで警察庁長官だった人物で、
スペインの司法当局からスペイン大使館焼き討ち事件の責任者として
逮捕命令が出ている人物です。


逮捕命令が出た2006年、既に高齢でもあり体調を崩していたチュピーナ、
病院や自宅での自宅拘禁状態となっておりました。


さてそのチュピーナ、逮捕命令が取りざたされていた2006年に
Prensa Libre紙が短いインタビュー記事を載せています。
今日はそれを取り上げてみようかと。


スペイン当局のジェノサイドについての取調べをとう思われますか?
肯定も否定もできない。彼らは彼らの視点から見たことを指摘しているだけで、
私はそれは間違っていると思う。
あれは25年前のことで、私はもう高齢だし何もかもから一切引退してしまった。
すべてを思い出すことなんてできないね。
ちょっと遅すぎたよ。彼らは言われたことを繰り返しているだけだ。


では、大使館事件では本当に起こったことは何だったのでしょうか。
25年前というのは、一見平穏だった頃だ。
あの当時はいつも内戦だったけれど、悪意のある行為はなかったよ。
私は事件発生時にはその近くにはいなかったからね。

どこにいらっしゃったのですか。
バナネラ(注:イサバル県)の特別委員会。
反乱グループができたと聞いて行ったんだが、現地にたどりつけなかったね。
事件が発生したため、2時に首都に戻った。

何か指示はなさいましたか。
いいや。誰かが不在の時は、代理任命するという内規があった。

誰が指揮官だったのでしょうか?
第三部隊のアロルド・パニアグア。

どうして事件と関係していたと言われるのでしょうか。
長官は私だったからね。

後年、
何年も経ってから、スペイン大使がキチェーを訪問し、
首都へ来るよう説得していたことがわかった。
その中にはゲリラとして知られていたCUCもいた。
司法当局にはその場にいた人物も呼び出してほしいね。
実際に起きたことを、もっとうまく説明できるだろう。

あなたのケースの裁判を止めるために手段をとっていらっしゃるのは何故ですか?
いや、裁判が続くようにしているよ。法律に従っているだけさ・・・。

逮捕命令や国外追放命令が出たらどうなるでしょう?
スペインとは犯人引渡条約を結んでいないから、できないよ。
私が嘘をついているとか、私一人が犯人だとかいうのなら逮捕状を請求できる。
そうなったら仕方ないね、行くより他にないだろう。
牢屋の中で死ぬのも悪くないな。

出展Prensa Libre


[ 2008/02/19 23:19 ] 内戦 | TB(0) | CM(0)

ジェノサイドか否か (1) 

少し前、というか確か去年の12月の話だったと記憶していますが、
「グアテマラの内戦時に人道に反する罪を犯した」として、
スペインで起訴、逮捕命令が出ていた軍人等7人について、
グアテマラの憲法裁判所は
「この事件はスペイン当局に管轄権がない」とかいったような理由で
逮捕・送還を拒否する決定を下したことがありました。


そのため、担当判事のサンティアゴ・ペドラスさんは
「もう、グアテマラ政府なんかアテにせんわっ!」と
証人をスペインまで呼んで、証言をしてもらったりしていますが。


実は私、良くわかっていなかったのですよね。
なぜスペインがグアテマラの内戦の戦争犯罪を裁くことができるのか、という話。
最近いろんなニュースを目にするようになって、やっと分かってきたのが、
この7人は「ジェノサイドの罪」で起訴されているらしい、ということ。


話を少し元に戻します。
元々は、ノーベル平和賞受賞者のリゴベルタ・メンチュさん、
グアテマラの法廷で戦争犯罪を訴えておりました。
でも、グアテマラの裁判所が力を有しているエフライン・リオス・モントなんかに
手を出すはずもなく(だって殺されたらオシマイですもん)。


という訳で、メンチュさん、グアテマラは諦めて、
スペインの裁判所に訴えることに致しました。
実はスペイン、グアテマラの内戦の被害者でもあります。


1980年1月30日。
ビセンテ・メンチュ(リゴベルタの父)をはじめとする農民らが
スペイン大使館を訪れたところ、警官隊が周りを取り巻き火を放っております。
このスペイン大使館焼き討ち事件で、命からがら逃れることができたのは
当時のスペイン大使ただ1人。
スペイン人、グアテマラ人合わせて37人が亡くなる、という大惨事となったのでした。


そういう事件もあったから、スペインとしてはこの事件の真相を探ると共に
80年代のジェノサイドについても調べてみよう、となったらしい。
というのは、ジェノサイドは国際法上の犯罪であり、国外でも裁ける!
とかなり無理矢理に解釈したらしい・・・・・・。
(間違ってたら、どなたかフォローして下さい~)


さてこのジェノサイド、という言葉。
実はグアテマラの内戦でジェノサイドがあった、とは
少なくとも現在の時点まででは認定されておりません。
ある集団を抹消しようとする国家の行為がジェノサイドか否か。
ジェノサイド条約の第2条は次のように規定しています。


この条約では、集団殺害とは、国民的、人種的、民族的又は宗教的集団を全部又は一部破壊する意図をもつて行われた次の行為のいずれをも意味する。

  • (a) 集団構成員を殺すこと。
  • (b) 集団構成員に対して重大な肉体的又は精神的な危害を加えること。
  • (c) 全部又は一部に肉体の破壊をもたらすために意図された生活条件を集団に対して故意に課すること。
  • (d) 集団内における出生を防止することを意図する措置を課すること。
  • (e) 集団の児童を他の集団に強制的に移すこと。



国連でジェノサイドと認定されたものは、
ナチスのユダヤ人に対するホロコースト、ルワンダ扮装で94年に発生した虐殺、旧ユーゴスラビア紛争でのボスニアのセルビア人武装勢力によるスレブレニカにおける虐殺、などほんの数件のようです。


それ以外にも、大体ジェノサイドであろう、と認定されているものもあるようですが、
「ジェノサイド」が「人道に反する罪」と認定されるくらい重い罪であるが故に、
ジェノサイドと認定される事件は少なかったりします。


ちょっと長くなりそうです。この項、多分続きます。


[ 2008/02/16 22:47 ] 内戦 | TB(0) | CM(2)