タクシー強盗 

今日、職場へ行ってビックリ。同僚のM君が、昨日強盗に襲われた上に顔を殴られたとかで、腫れあがった顔をしていたのです。

 

M君は夜間大学に通う苦学生?なのですが、昨日は試験があったので、仕事を早退し、それに備えていたんだとか。そして7時からの試験に間に合うよう、645分に流しのタクシーを拾ったそうです。

 

さて、以下はM君の話。

行く途中、タクシーの運転手がいろいろ話しかけてきたんだよね。「今、何時?」とか。「時計もってないからちょっと待って」って携帯を出して時間を教えてあげた。それから、「小銭持ってるかい?」とかね。財布を広げて、ちゃんと持ってるってことも確認した。

 

しばらく行ったところで、運転手が「何か踏んでパンクしたみたいだな」って車を止めて降りたんだ。でも、ほんの2,3秒後に若い男が2人乗り込んできた。僕が乗っていたのが前のシートで、後ろに2人。運転手も一緒に乗り込んできた。

 

男は僕にピストルを突きつけて、運転手に車を出すように言うと、僕に金と携帯を出すよう要求した。タクシーはわき道へ入っていった。その時、僕は135ケッツァル持ってたんだけれど、奴らは「お前、もっと持ってるだろう」と言って僕の体中をまさぐった。それ以上持ってなかったからか?僕の顔をピストルで殴ってから降りていった。

 

その後、運転手は「こんな危ないご時世だから、やっぱり車を買って自分で運転した方がいいね」とか言ってたけれど、絶対あいつもグルだよね。

 

M君、鼻血が3,4時間ほど止まらなかったとか。今日もまだ、少し出血気味で、話しにくそうにしていました。それ以外にも被害は現金、携帯電話、クレジットカード、身分証明書などなどで、いやはや、この後も大変です。

 

タクシーの中には信用できないのがいる、とは聞いていましたが、これはちょっと・・・・・・。私も、もう絶対、道で流しの車拾わないです。時間がかかっても、顔見知りのタクシーか、身元の安全なホテルタクシーか、ラジオタクシーにする!と心に誓いました。

 

皆さん、タクシーには要注意。コワイコワイ。




[ 2007/05/23 19:03 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/95-1c6effdb