レイ・ローサの新刊を読み始めました 

今週辺りから復帰するつもりだったのですが、
この前買ってきた本を読み始めると止まらなくなってしまいました。


本というのはグアテマラの作家、ロドリゴ・レイ・ローサの新刊で、
タイトルはLos Sordos(ロス・ソルドス)
sordoは聾者のこと。
ただし聾者について書いているのか
それとも聞こえない人達について書いているのかまだ不明です。



こんなプロローグから物語は始まります。



サン・ミゲル・ナグアラパンに貧しい3人のキチェー族が住んでいた。
老女と孫が2人で、子供らの父親はアメリカへ出稼ぎに行き、
母親はコスタスールのコーヒー農場で働きに出かけているためほとんど家におらず
老女が2人の世話をしていた。


上の男の子は聾で、その地域に古くからある手話で祖母と話をした。
その村では聾は恥でもなんでもなかった。
「聾者は別の世界を知っている。特別な力があるんだ」と言う者もいた。


下の女の子は3歳で、いつも祖母に背負われていた。


木曜日と日曜日は市の日で、火山に囲まれた湖まで
メタテと挽き石を持って出かけるのであった。
キチェーの人々は朝早くに街道まで出かけ、
6時のバスに乗り、ロス・エンクエントロスで降りると
ピックアップに乗り換え、湖の町まで行く。
そこにはキチェーの人々がカシュラネスと呼ぶ白い肌の観光客がいる。
祖母は手話で孫に別の国から来た人達だと説明した。
彼らは幽霊のようなもので、力があり、気まぐれで、中には悪い者もいる、
祖先の土地を横取りした人達のように、
でも友人になれる人もいる、つまり市場まで持っていたメタテを買ってくれる人たちだ。


12月半ばのある日曜日、荷台に人や物が満載されたピックアップトラックが
カーブで横転した車を避けようとして急ブレーキをかけ、急ハンドルを切った。
ピックアップは道路脇に引っ繰り返り、女の子は亡くなった。
祖母はソロラの保健所で手当てをうけたが、男の子の姿はどこにも見えなかった。



こういう印象的なプロローグの後、
物語は現代のグアテマラシティに飛ぶのですが、
今のところ本当にありそうな物語がずっと展開されています。


この先どうなるのか楽しみ。


ちなみにこのプロローグと1章の最初の方はエディターのサイトで見ることが可能。
eBookもあるようなので、ひょっとして国外でも買えたりするのかしら・・・。


230ページほどなので、日本語なら数日で読みきれるのですが
スペイン語だと何日かかるだろう・・・。
で、読み終わるまでは多分あまりブログも更新しないと思います、ごめんなさい。


読み終えたらまたご報告いたします。


[ 2012/11/27 21:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/898-5fbe5c70