ペテン県のはなし 

モノカルチャーの話をさらっとおさらいした後で、話は再びペテン方面に戻ります。


ユカタン半島の根っこに位置するペテン県では
数多くのマヤの都市跡が見つかっていますが、
マヤ文明がその地で栄えたのは紀元前250年から西暦900年頃のことでした。


大都市群は放棄されたものの、マヤ族がその地からいなくなったわけではなく。
ペテン・イツァ湖の周囲には小規模ながらいくつものイツァ族の町があったことが知られています。


そのイツァ族の町の一つ、現在のフローレス島にあったノー・ペテン(Noh Petén、大きな島の意)は
メキシコを征服したコンキスタドールのエルナン・コルテスらの攻略にも屈することなく
1697年まで抵抗を続けます。
(一般に最後まで抵抗を続けたのはタヤサルと言われていますが、
 タヤサルの町はフローレス島の北の半島部分に位置しており
 フローレス島にあったのはノー・ペテンであった模様)
そういうこともあってスペイン人が入植して来た時期も遅かったのですが、
ペテンへの入植者らは広大な土地を利用して牧畜を始めたのだそうです。


1821年にグアテマラが独立しますが
ペテン地方に移住しようとする人はまだ少なかったといいます。
何しろ首都から遠い上、
熱帯の密林で、マラリアやデング熱みたいな病気もあるし、
スペイン人にとっては決して生活しやすい環境ではなかったでしょうねぇ・・・。


マホガニー等の高級材の伐採が始まったのも独立以降のことで
20世紀になると輸出材としてのチクレ、ゴム、木材、それから石油といった天然資源の採取が盛んになります。


それでもペテンはまだまだ北のはずれの遠い地方でしかなかったのですが
豊富な資源や広大な土地に着目したのが1945年に大統領となったフアン・ホセ・アレバロ。
アレバロは国策による入植を進めようと、ポプトゥンに農業入植者のための町を作ります。
そうやって器は一応できたのですが、
肝心の道路がまだ整備されていなかったりして、どうやって辿り着けというんだか・・・。
ま、そんなわけで当時もまだ移住する人は少なかったのだそうです。


そんなペテンが大きく変貌していくのは
国営ペテン経済開発推進会社(FYDEP: Empresa Nacional de Fomento y Desarrollo Económico de Petén)が設立された1959年以降のこと。


次回はそのFYDEPについて触れてみようかと。



[ 2012/11/02 06:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/894-f26434d0