泥棒 

最近14歳になった小僧ですが
去年辺りからサッカーの練習とかスイミングとか、
家から徒歩20分くらいの距離ならば一人で歩いて出かけることも増えてきました。


日本だと、小学校へ通う頃には一人で外歩きって普通ですが、
グアテマラの首都圏だと自宅付近はともかく、
外に出る時は大人が同伴するのが基本の「き」。
しかもその大人もちょっとの距離でももれなく車を使っていたりします。
理由は「危ないから」なんだけれど、過剰すぎね?と思うこともまた多々。


小僧の同級生の中だと、一人で外出するような子は超少ないそうです。
一方、サッカーチームのチームメイトだと一人でバスに乗って試合にやって来たりする子も。
つまりサッカーチームの方が、庶民的な家庭の子が多いということなのかな。
ま、親が車を持っているかいないか次第という気もするけれど・・・。


子供を一人で外に出さない最大の理由はやっぱり治安。
私も気にならないわけじゃないですが、
かと言って全く出さないというのもどうなんだろう・・・とも思うわけで。
なので少しずつ一人で行けるところを増やして
最近ではかなり自信をつけて来たところだったのですが。


そういうタイミングで泥棒の被害にあってしまったでありました。


小僧は7月から「スクールバスのバス停まで一人で行く」と言って
朝5時50分くらいに一人で外へ出て行くようになっていたのでした。
バス停は家から1ブロック、歩いて2,3分のところで
家の前よりも車や通行人の多い、とある店の前。
その道路にはフリーペーパーを配っている人もいて
それなりに人目もあるし、この時期だと外も明るいし。


いつもの通り、バス停について重たいリュックを下に降ろしバス待ちをしていたところ、
歩いてきた男が小僧のリュックを掴んで持っていこうとしたとか。
びっくりした小僧はもちろんリュックを引っ張るわけですが
男が腰に手をやって、銃を持っているような振りをしたので
そのままお持ち頂いたそうです。


その男はその先に止まっていたBMWに乗り込むと逃走。
ポケットに突っ込んでいた携帯電話が無事だったのは不幸中の幸いでした。


そんなわけで私に電話をかけてきたのですが、
小僧「男がリュック持っていった」
私 「は?」
小僧「マジやって。バス待ってたら男が来てリュック持って行ったー」


まだ寝ぼけ頭なのにそんなこと言われてもリアクションに困るんだよ。


とりあえず状況は把握したので、一旦家に帰らせると
車でとりあえずその辺りを走ってみたのですが、
まあ見つかるわけないですよね。


その後は警察に寄って被害届を出し小僧の学校へ。
あれこれ道草したにも係らず、始業時間に滑り込んで
小僧のいる中・高等部の担当の方とお話できたのでした。


リュックの中に入っていたのは教科書とノートと宿題、
それから学生証と現金。


学校は10月で1年が終わりますが、本を使った授業は10月初めまでで
ほぼ終わっていたのが不幸中の幸い。
宿題はやり直しですけどね・・・


本人が無事だったのが何よりで
私もちょっと油断していたかなーと反省しきりなのですが
今後はバス停を可能なら家の前に変更してもらうなどして
あまり一人で立ちんぼしなくて済むようにしようと思っています。


それにしても、大人が子供を狙うなんて、あまりに卑劣すぎませんかねぇ。
多分リュックの中にPCや携帯やMP3プレイヤーなんかがあることを期待したのだと思われるのだけれど
金目になりそうなのはせいぜいリュックそのものと現金くらい。


学校では、担任の先生が昔バスの中で泥棒にリュック盗まれた話をしてくれたそうで
ナイスフォローです、先生。


その日のうちにおニューのリュックや筆記用具等を再度買いまして
それなりの出費ではあったのですが、ま、授業料だと思うことにして
今後はもっと気をつけようと思っています。


いや、気をつけるって言っても道を歩くときはガン飛ばしながら歩いて
「コイツ、危ないんじゃね?」って周囲から思って頂けるようにするだけなんですけれど。


そんなわけで、やたらと目付きが悪くてガン飛ばしまくっているチノをグアテマラシティで見かけたら、
ひょっとしたら小僧かもしれないので、気軽に声をかけてやって下さいませ。


多分、大丈夫です(笑)


[ 2012/09/23 23:34 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/878-b4c96d6a