オオカバマダラ 

以前我が家のテラスのビボラーナという花木のことを書いたことがありますが、
和名はトウワタ(唐綿)というのだそうです。


このトウワタの木に今年も蝶の幼虫が来ているのを見つけたのが8月17日。
黄色と黒のシマシマ模様が綺麗なイモムシ君。
体長は7~8センチってところでしたかねぇ。


20120817 oruga

ちょっとボケてますが、右上にも1匹写っていて、
今年は2匹のイモムシ君がいることを確認。
日ごとに葉を食い荒らしては大きくなっていくのを
楽しみに眺めていたのでありました。


8月25日土曜日。
朝方、日課となったイモムシ君訪問に行ってみたら
ヨガでもやってるんですか的なこのポーズ。


20120825 oruga

頭に血が上りませんかっ!!!
その日はちょいと用事がありまして、
外出して帰ってきたらこんなんなってました。


20120825 crisálida


早っ!!!
もうサナギになってました。
しかも、イモムシ時代よりもコンパクトにまとまっている。
サナギの体長はせいぜい4 cmくらい。
半分くらいに折り曲がって、頭下にしてあの中にいるんだろうか。
頭に血が上るよ。。。


小僧の調査によるとこのMariposa Monarca(マリポーサ・モナルカ)、
日本語ではオオカバマダラとかモナルカ蝶とかモナーク蝶とか呼ぶそうですが、
羽化するまでには13日程必要なのだとか。


そんなわけで、二人して指折り数えながら羽化を待つ日々が始まったのでした。


それにしても、イモムシ時代は2匹いたのに
サナギの数は何度数えても1つで、
もう1匹はどこへ行ってしまったんだろう・・・と不思議に思っていたのですが
数日前、この木から少なくとも3mは離れたところに置いてある鳥かごの中に
サナギがぶら下がっているのを見つけました。


この鳥かご、鉢植えの植物の害虫避け用として網戸の網を張ってありまして
網の重なった部分の隙間から中に入り込んだ模様。
多分、元々の木よりも安全なのは間違いないと思うけれど、
羽化してもかごの中から出られないよ・・・。
私はその方がゆっくり見られるからいいけどね。


それに木の葉だと、こうやって葉っぱがどんどん枯れていくことだってあるし・・・。


20120906 crisálida

ネットで写真を見ていると、枝にぶら下がっているサナギの写真があったりするのですが
この子はなんで葉っぱにぶら下がっているんだろう?
葉っぱ落ちちゃったらどうなるんだろう??
とちょっと心配になりまして、葉っぱごと摘み取って鳥かごの中に入れておくことにしました。
それが昨日、9月7日の話。


20120907 crisálida

そして今日9月8日朝。
サナギの色が黒く変色しているじゃありませんか!


20120908 01 crisálda

葉っぱもしおしおになっているし。
ひょっとして摘み取っちゃダメだった?と一瞬あせったのですが
良く見たらオレンジ色が透けていて、どうやら羽化らしいと判明。


時々見に行くと少しずつオレンジ色が濃くなってきて遂に殻からの脱出始まる。


ところが困ったことに、枝から葉っぱを取っちゃったので、
蝶になって出てきたのに、つかまって羽を乾かして広げることができないという。
そこで元の木のところに戻してやることにしました。


20120908 04 mariposa

よっこいしょっと。
まったくもう、誰だよ、葉っぱむしり取っちゃうヤツは!
ってきっと怒っているに違いありません。
殻から出てきて、きっと焦ったんだろうな。ごめんよ~。


20120908 05 mariposa

ふぅ~、一休み。
余計なことをするヤツがいるから、もうすごく疲れた!!!
ってむくれているんだろうな・・・。


20120908 07 mariposa

なんか、長いドレスを引きずっているみたい。


この辺りで外出する用事があり、名残を惜しみつつ出かけ、
4時間後に帰ってみたら・・・


20120908 11 mariposa

木の上の方までたどり着いていました!
お疲れさん。


20120908 15 mariposa

4時間経ってもお引きずり状態はあまり変わっていないような・・・。


時折羽をバタバタやって、羽を開こう、乾かせようとしているのですが
どうやらオオカバマダラって羽が完全に開くまで何時間もかかる蝶で、
翌日持ち越しってことも少なくないのだとか。


と言うわけで、我が家のオオカバマダラも夜となったので羽を開くのは中断?し
飛び立つのは明日の朝に持ち越しとなったっぽいです。


そうそう、鳥かごでサナギになった子の方は今日はまだ緑色。
ひょっとしたら明日いきなり黒くなっていたりするのかもしれません。
それはそれで楽しみ。


20120908 17 mariposa


このオオカバマダラ、カナダやアメリカに生息している個体は
冬場をメキシコで過ごすために大群で移動する渡り蝶として有名です。


グアテマラに住む個体は渡りをすることなんかないのでしょうが、
まさか自宅のテラスの鉢植えの木で、この蝶の変態を観察することができるなんて
全然考えたこともなかったなー。


しかしあのイモムシがこんな蝶になるなんて、とっても不思議です。



[ 2012/09/08 23:28 ] グアテマラの住人たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/876-5dbca076