セリート・デル・カルメン V 

怪しい光も治まって月日が経ち・・・。
エルミタ盆地はあいかわらずのどかな日々が続いていましたが、
セリート・デル・カルメンにはやがて司祭が常駐するようになり
礼拝堂も少しずつ大きな建物になっていったのでありました。


Cerrito del Carmen


1773年7月29日、当時首都であったアンティグアが大地震で崩壊すると、
首都をどうするかという話し合いがもたれました。
アンティグアのあるパンチョイ盆地にそのまま再建しようという意見もありましたが、
他の土地へ遷都することとなり、
エルミタ盆地とハラパ盆地のどちらかにしよう!ということになったのです。


まあでもパンチョイ盆地からも近いエルミタ盆地になったのは当然の帰結のような。
グアテマラシティへ正式に遷都されたのは1776年5月23日で
その名もLa Nueva Guatemala de la Asunción。
アスンシォンの新グアテマラ、
アスンシォンはセリートの近くにあった地域名みたいなもので
このセリートの麓、アスンシォンの辺りを中心として新しい首都が建設されたのでありました。


以来、236年間にわたって発展を続けてきたのがグアテマラシティで
こうして聖テレサの「この像が置かれたところは大きな町となるでしょう」
という言葉が成就することとなったのであります。


セリートに関する話でもう一つだけ。
スペインからもたらされたカルメル山の聖母の像は
16世紀半ば頃のものと見られる小さな木製の像なのですが、
2001年にセリートから盗み出されるという事件がありました。


その後しばらく杳として行方が知れなかったのですが
2年後の2003年、チマルテナンゴ県テクパン・グアテマラ市(奇しくもグアテマラ最初の首都だった町)の
パンアメリカンハイウェイ沿いに放置されていたのを地元の人が見つけ
家に置いてあったのが見つかったのでありました。


聖母像は一部破損するなどダメージもあったのですが
1年間にわたる修復を終えてセリートに帰り
グアテマラシティの守護者の一人として現在も慕われているのであります。


Cerrito del Carmen



[ 2012/08/30 23:15 ] 街角 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/871-f2ccfe65