大乗寺山 

私が育ったのは金沢市の南部の方なのですが、
この付近は室町時代に加賀の守護大名となった冨樫氏の城跡が近くにあり、
一向一揆ではおそらく鍬や鎌を持った農民たちが城に向かって走っていった・・・
らしい地域です。


現在実家のある野々市市はその金沢市南部に接している場所なのですが、
冨樫氏はその辺に住居を構えていたとか、
そう言えば冨樫氏といえば勧進帳でお馴染みの安宅の関の関守だったりとか、
現在一般的に観光名所となっている金沢の兼六園とか金沢城よりも
古くからの歴史が残されているのであったりします。
あ、そうそう、金沢の地名の由来となった芋掘り藤五郎さんもこの付近に住んでいた方でありました。


まあそうは言っても金沢と言えば兼六園とか武家屋敷とかいった江戸時代から残る場所や
最近では21世紀美術館が有名どころで、
そういった名所が並ぶ金沢市の中心部からちょっと外れた南部の方を訪れる観光客はさすがにいないのではないかしら。。。


唯一例外かもしれないのが大乗寺。
永平寺の流れを汲む曹洞宗の禅寺で、座禅堂では一般の方が座禅を行うことも可能で、
遠くから来られる方もいるのだとか。
もっとも私は座禅したことないけれど。。。


私は中学・高校と、この大乗寺から遠くないところにある学校でしたし
小学校ではちょっとした折にこの大乗寺のある山(文字通り大乗寺山)に遠出したりしていたこともあり
懐かしい場所なのですが、
数年前に開通した山環道路がこのすぐ近くを通っていて風景が一変してしまい、
数回通った今でもまだ迷子になってしまいそうな、そんな気になるところでもあります。


そんな大乗寺山ですが、
お寺の隣の丘陵部が整備されて大乗寺丘陵公園というのができあがったのが昨年のことだとか。
この付近、昔はずーーーーっと田んぼだったよなぁ~、などという感慨にふけりながら
金沢を一望してみました。


20120611 1613 daijoji park

向こうの方に見えるのは日本海。
それ以外の建物は、私には何がなんだか・・・
左側の大きな建物は多分泉が丘高校で、右側のは多分長坂台小学校。
私の母校はこの方向だとちょっと見えてないな・・・


20120611 1614 daijoji park

も少しアップ。
こじんまりとした町なんですよね。
金沢駅周辺や香林坊付近にはも少し高い建物もありますが、
この辺りはそういうものもあまりないかも。


小学校の低学年の頃、冬、この付近にスキー遠足に来たことがあります。
スキーというか、そりだったんですけれどね。
スキー場があるわけじゃなくて、雪が積もった田んぼを皆ですべりまくるという。


基本田んぼや畑ですから、そんなに傾斜はついていないのですが、
もともとが斜面ですから上の田んぼと下の田んぼの間は斜面じゃなくて段差になっていまして、
ここをソリでぶっ飛ぶのが楽しかったという記憶があります。


もっとも滑った後はソリをひっぱって上まで自力で登るわけで、
スキー場みたいに圧雪されているわけじゃないから、
あちこちではまりまくって大変なことになるんですけれどね・・・


でもそんなことを覚えているくらいだからきっと楽しかったんだろうな(笑)


20120611 1615 daijoji park

丘陵公園の反対側を向くと黒雲でした。
不思議なオブジェがあったり、紫陽花が咲き始めていたり。
もともと田んぼが多くて開けた山だったような記憶がありますが、


20120611 1616 daijoji park

こっち側はまだ林か森かが残っていたり。
そ言えばどこに言ってもカラスがカァカァうるさくて、
最初の頃はものめずらしげに見ていた小僧もやがては煩くなってしまったらしい。


20120611 1622 daijoji park

ちょいぶらりと立ち寄っただけだったので、
マップにある見晴らしハウスや見晴らしの丘には行ってませんが
視界がすっと開けて遠くが眺められるこういう空間って気持ちいいですよね。


お弁当持参で行って絵を描いたり歌を歌ったりしたら楽しそうだな~。
いや、日本ではそんなことしませんが(グアテマラでもそんなことしませんけれど)。


[ 2012/07/17 23:56 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/854-25cedf6c