日本旅行 VI 立山編 帰り道 

立山を潜り抜けて安曇野に出てきた翌日は、当然ですが帰途になります。
松本から梓川沿いを遡り、木曽路を横切ると岐阜県の神岡を通過して神通川沿いに富山に出るというルート。
山また山、温泉また温泉の景勝地続きで、子供の頃、夏休みの旅行などで訪れた場所も多々あります。


20120607 1838 Wasabi

安曇野の宿の夕食で出た生わさび。
自分でおろして食べるのですが、おろしているだけでもワサビの辛味が鼻に突き刺さる。
なんでこんなにおいしいんだろうって鼻の奥をツーンとさせながら味わったのでありました。
お刺身なくてもワサビだけで十分食事が進んだかも・・・


余談ですが、グアテマラ人なんかは日本に行くと寿司や刺身についてくるわさびを見て、
「オー、グアカモーレ!!!(マッシュアボカド)」と感激し、
そのグアカモーレらしきものをつかむとまるごとペロリ!と飲み込み、
3秒後には鼻をつんざく刺激に身もだえする・・・なんてことがあったりします。
そんなラテン系をどこかで見かけたら、まるごとペロリすると大変なことになるよ、と教えてあげてください。
間に合わなかったら、大量の水をあげて下さい。。。


辛いものは嫌いというよりは食べられない小僧でも、この生わさびは美味しかった模様。
というわけで翌日はまず安曇野名物わさび田を見に行くこととなりました。


20120608 0855 wasabi farm

豊富な湧水を利用してわさびが栽培されている大王わさび農場。
わさびソフトクリームとかわさびコロッケとかも食べてみたかったのですが、
朝食をたらふく食べた直後でさすがに食べる気にならず。。。
生わさびがよっぽど気に入ったらしい小僧は、売店で一本買っておりました。
それから数日間、皆でわさびを堪能したのは言うまでもありません!


松本からは梓川沿いの国道158号線で西へ。
水量豊富な梓川沿いには水力発電ダムがところどころにありましたが、
どれも東京電力なんですねぇー。
そんなこと気にしたこともなかったけれど、最近はダムがある度にしみじみ見つめてしまいます。
長野県は中部電力管内だけれど、東京電力の電気が供給されているのが松本だとかなんだとか、
そういう話がwikipediaに書かれていました。
ここら辺のダムも見事です。


観光バスが行き交いする上高地入り口を通り過ぎ、
安房峠のトンネルをくぐり、平湯温泉で休憩。
平湯からは国道471号線に乗り換えます。
ちなみに158号線をずーっと行くと、高山を経て福井へと到達するのだそうです。
石川県と岐阜県って県境を接しているのですが、両県を繋ぐ道路ってないんですよねぇ。
そんなわけで、岐阜から金沢へ行こうとすると基本富山経由になってしまいます。


20120608 1048 hida

まあでも遠回りしてもいいかなって思えるくらい景色がきれい。
471号線は高原川とつかず離れずの関係ですが、高原川は神通川の支流、つまり日本海側に流れていく川です。
私たちが通ってきた道だと、安房峠の辺りで太平洋側と日本海側に分かれる分水嶺がある感じ。


奥飛騨温泉郷上宝の道の駅で昼食を取り、次は宙ドーム・神岡って名前の道の駅で休憩。
ホントに車で旅行するのに便利ですよね、道の駅。
日本はどこへ行っても綺麗だしトイレもあちこちにあるし、
旅行するのに何の心配もいらなくていいなぁ~、とつくづく思います。


さて神岡と言えばスーパーカミオカンデですが、
このスーパーなカミオカンデのレプリカがここの道の駅に展示されています。
スーパーカミオカンデには直径40m、深さ41.4mの超純水入りタンクがあり、
その内面に11,200本の光電子増倍管が並べられているそうですが、これがそのレプリカ。


20120608 1315 super kamiokande (replica)

スーパーカミオカンデと同じ間隔で並べられているのだそうで、これが40mぶん・・・。
物理とか宇宙線とかはチンプンカンプンというよりはトンチンカンチンな私なので、
そこに展示されていたリアルタイムモニターについても「うひょー」という以外の感想が述べられないのが悔しいところです。
というわけで、私の説明は抜きでスーパーカミオカンデのサイトのイベントディスプレイの説明をペタリ。


それにしてもモニタリング情報がこんなところでも見られるなんてビックリです。
売店にはJAXAグッズもいろいろあって、見てて楽しかったです。


余談ですが、グアテマラからの経由地のヒューストンにはNASAの宇宙センターがありますので、
ヒューストンの空港にもNASAグッズがあったんですよね。
妙なところで宇宙と縁があるようなないような。いや、多分ないです。


神岡を抜けると後はゆるやかに下って行き・・・


20120608 1402 jinzu river

ここはもう富山市。
この神通川水系はやたらとダムやら発電所やらのありまして、
写真の向こうの方に実はダムがあるのでありますが、これではわからないかも・・・。


20120608 1404 jinzu river

この付近はもう山地を抜けて扇状地に出たところ。
最後のダムが確かこの木の陰に写っているはず・・・。
写っているのだから見えるはず。
そう、多分きっと心の目で見れば見えるんです!


ここまで来ちゃえば、後は普通に市街地を通って金沢方面へ帰ります。


こうして北アルプスを半周の旅はおしまい。
景勝地だらけの場所をさささーっとつむじ風のように駆け抜けるという贅沢旅(?)でしたが
水は豊かで緑の美しい季節の日本の山は最高!!!


と今でもしみじみ思うのでありました。


[ 2012/07/10 23:30 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/853-2888f9c2