日本旅行 V 立山編 黒部ダム 

室堂からはトロリーバスで立山の下を通過し、立山の東側へ。
そこからはケーブルカーとロープウェイを乗り継いで黒部ダムへと降りて行きます。


20120607 1547 Kurobe ropeway

ロープウェイからの眺めが見事。
この区間がロープウェイになってるのは景色を楽しめるようにだろうなぁ・・・
などとぼけーっと外を眺めている間に駅に到着。
黒部湖をはさんで向こう側は後立山連峰です。


駅から徒歩でダムを渡ります。
雪溶け時期のダム湖は水量豊か。


20120607 1442 Kurobe Dam

山肌に貼りつくように建設されている事務所や売店、駅舎などを見ると、
山全体が水源と言ってもいいくらい、どこからでも水が涌いているような感じでした。
湧水が飲めるようになっていたのですが、冷たくておいしい!
そういうのが珍しい小僧は、
飲みかけのペットボトルを空にして、水を詰めてきたのでありました。


20120607 1438 Kurobe dam

6月26日から観光放水が始まったそうですが、私達が行った頃はまだシーズン前。
ダムの下はほんのちょっぴり水があるだけで、下を覗き込むのもおっかなびっくり。
なんつっても高さ186mですからね・・・・・・
山肌にへばりついている階段に登るのもちょっと怖かったのですが、
ダムを背景に写真が撮れる絶好のスポットでもあり。
んなわけで、パチリ!


20120607 1407 Kurobe Dam

おほほほほ~!


ダムの壁面に通路が見えますが、こんなところで作業するのはさぞかし怖そ。。。
と思ったら、芥子粒ほどに小さい小人さんたちが仕事をしていました。


20120607 1403 Kurobe dam

拡大しても爪の先ほどの小人さんたちですが、
観光放水の時に開かれる水門付近をいじっているようでした。
こういう小人さんたちのお陰でダムと発電所は守られているわけですね・・・。


おつかれさま!と言ってもここは地元の北陸電力ではなくて
関西電力のものだからウチの実家付近にはあんまり関係ないんだよね。
もちろん北陸電力ではこの規模の設備を作ることは不可能ではあります。
グアテマラだとたとえお金があったとしても実行できないような気が。。。


ダムからはトロリーバスで後立山連峰を抜け、
長野県大町市にある扇沢駅に到着。
ここで車を転がしてきた父に拾ってもらってその日は安曇野泊。


もう少しゆっくりできたら良かったとか、夏の立山を散策したいとか
いろいろと注文はあったりするわけですが、
駆け足の立山黒部越え、満喫しました。


山は青く、水は清く豊かで、やっぱり美しいな、日本は。



[ 2012/06/26 23:29 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/852-e5a3d1e8