日本旅行 IV 立山編 美女平から室堂へ 

さてでは美女平から室堂平を目指してバスで出発!


20120607 1056 Bus

雲が低いとやっぱりグアテマラにいるような気分。
違うのはバスの乗り心地が良くて運転が丁寧で道路の舗装が良いところかな・・・。


20120607 1057 Bus

弥陀ヶ原付近かな?
視界が開けて周囲に雪が残ってきます。
風の影響を受けた低木ばかり~


20120607 1110 Bus

ここはもう室堂近くの雪の大谷。
バスルートの中では雪が一番深いところです。
前を走るバスの高さよりも高い雪の壁がまだ残っているんですよねぇ。
室堂の標高は2450mで、まだまだ雪の中でした。


20120607 1122 Murodo

室堂ターミナルの屋上から、来た道の方を眺めるとこんな感じ。
道路の向こうの方、人影が見える辺りが雪の大谷。
ターミナルの中は6月の平日に何でこんなに!と思うほどの人混みでした。


室堂付近はまだ散策にはちょっと早い時期。
溶けかかった雪は柔らかくて滑りやすく、気をつけないとこけてしまいそう。
でもそんな雪はそり遊びをするにはもってこい!


20120607 1130 Trineo at Murodo-daira

そんなわけでそりができる一角がちゃんとあるのでありました。さすが!
10m弱のスロープですが、これがよく滑って楽しい!
こんな屋外にも係の方がいらっしゃって、ご苦労様なことでした。
写真に写っているのは係員ではなく小僧です。


20120607 1146 Murodo-daira

上の方がガスってますが、こっちの方角が立山山頂。
稜線に小さい影が写っているのはゴミではなくヒト。
あそこまで自力で登り、スキーをされているようでした。


立山は子供の頃山頂まで登ったことがあり、私にとっては懐かしい山です。
室堂まで乗り物があり、1時間程山登りすれば3000m超の山に登ったことになる(最高峰の大汝山が3015m)立山は
子供にとっても登りやすく、楽しめる山です。


まあちょっと乗り物代が高いような気はしますが(笑)。


また夏場に行ってみたいなぁ~。



[ 2012/06/22 23:53 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/851-f7a102e7