ロス・エスクラボス橋 

ロス・エスクラボス橋はアメリカ大陸で現存する橋の中でも古いものの一つなんだそうです。
建築されたのは1592年ですから、既に420年経っているわけですが、
度重なる地震や大雨による水害にあっても流されることなく今も現役というすごい橋。
(Wikipediaを見ると1579年に建設されたという記述があるのですが、
 1592年の方が正しいらしい。それとも1579年竣工で92年完成とか・・・?)


Puente Los Esclavos y Hidroeléctrica

橋の上の方に塗られている白がちょっと無粋だけど、コロニアルで美しい橋です。


ロス・エスクラボス (los esclavos) というのは奴隷という意味ですが、
この名前も橋と同様、植民地時代に由来します。
グアテマラにやって来たコンキスタドールのペドロ・デ・アルバラードは
この地域に住んでいた先住民であるシンカ族を征服すると奴隷にしてしまった。
なんでもシンカの抵抗はそれはそれは激しいものだったらしいですが、
マヤのテクン・ウマンのように伝説になっているわけではないですしね。


その当時奴隷たちが住んでいたいところは
今でもロス・エスクラボス村と呼ばれていまして、
この集落のあるところを通る川がロス・エスクラボス川、
川にかかる橋がロス・エスクラボス橋なのであります。


皆まとめて奴隷ですね・・・。
少なくとも川については、
植民者が来る前は別の名前があったと思うんですが、残っていないようです。


さて、奴隷となったシンカ族はエルサルバドル征服などに駆り出され、
それ以前は現在のハラパ県、サンタ・ロサ県、フティアパ県付近でかなりの人口がいたようですが、
その後急激に減少、10年前の国勢調査では16,000人となっていますが
シンカ語を話すのは1300人弱。これでも増えたんだそうです。


シンカはマヤともアステカとも関係のない、出自不明の民族と言われていますが、
言語学的にはホンジュラスやエルサルバドルのフォンセカ湾に近い地域に住む
レンカ族のレンカ語に類似しているという指摘があるそうです。
レンカ族で有名なのがホンジュラスのレンピラ族長。
ホンジュラスの通貨の名前となっている方で、
こちらもまたスペイン人植民者に抵抗したヒーローとして有名ですよね。


話がそれました。


さてこの地震にも大雨にも倒壊しないロス・エスクラボス橋には
建設にまつわる伝説がいくつもあるのだそうですが
そのいずれもが「この橋は悪魔が造った」となっているのがユニークと言えばユニークかも。


例えばこんな伝説。


むかしむかし、大金持ちの旦那が住んでおりました。
旦那には多くの奴隷が仕えておりましたが、
過ちを犯した奴隷には厳しい罰を与えることで恐れられておりました。


ある日のこと、奴隷の不注意で旦那が飼っていた子牛の一頭が死んでしまいました。
その奴隷は大いに恐れ、悪魔を呼び出して事情を話したのでした。
悪魔はその奴隷が善良で、キリストからこの魂を奪う価値があると判断すると、
魂を自分によこせば、一つだけどんな願いでも叶えてやると取り引きを持ちかけました。
奴隷は取り引きにのり、旦那の領地にある川に橋をかけてくれるよう頼みました。
その川には橋がなく、不自由していたのを知っていたので、
これで罰を免れることができるだろうと考えたのでした。
悪魔は奴隷の願いを聞き届け、手下らを呼び出すと作業に取り掛かったのでした。
翌日、奴隷が川に行くと、もう橋が出来上がっていました。
悪魔は自分の仕事を眺めておりましたが
奴隷は気付かれないように近づき、目の前で十字を切りました。
悪魔は悲鳴を上げると橋を2度蹴り、手下とともに消え去りました。
こうして奴隷は魂を守ったのですが、
悪魔が蹴った場所の石は何度元通りにしても、その度になくなってしまうのだそうです。


・・・弱っちい悪魔だな。


実際のところは、橋脚が菱形になっていて
激しい水流や倒木や石・岩にも耐えられるようになっているのだそうです。


ロス・エスクラボス川は雨が降ると水量も増えるし、流れも結構激しいです。
去年の大雨の時の写真はこちら
今は乾季なのでダム湖には水あるけれど、下流はこんな感じ。



Río abajo

岩がゴロゴロむき出しになって、両岸もえぐいですよね。
緑の家のちょっと下には土嚢が積まれていまして、
ちょいとやばそうな雰囲気でした。。。


この橋のところで周辺集落の排水も流れ込んでいまして、ちょっと臭かった。
ここから数キロ下流に行くと滝があるらしいんですが、
汚水やら何やら全部混ざって滝になっているのか・・・。


Nuevo Puente

この橋からパンアメリカンハイウェイにかかる新橋の方を眺めるとこんな風景。
この橋の方はバルタサール・デ・オレナ橋とかいうらしいです。
せいぜい数百メートルしか離れていないと思うのですが、高低差はかなりあります。
これだけの高さがあって、橋脚がないので大雨が降っても流されない。


このロス・エスクラボス橋、グアテマラシティからエルサルバドル方面に向けて
パンアメリカンハイウェイ、グアテマラ風に言うところのエルサルバドル街道をひたすら走ると
66km地点をちょっと過ぎた辺りで新橋に到着します。
進行方向の左手(上流側)にこのロス・エスクラボス橋、そのちょい奥にダムと発電所。
「グアテマラで一番アクセスしやすいダムと発電所」はここじゃないかな。


Hidroeléctrica de Los Esclavos

小じんまりとした発電所ですが、発電機は7MWのものが2基あるそうです。
と書いていても今ひとつピンとこない私ですが、
発電はもとより、雨季の治水にも活躍しているダムで、ダム湖はかなり大きいです。
てか、川のかなり上流までダム湖状態。
でもまださほど雨が降ってない時期でこの量だと、
雨降りだすとどうなるんだろう、とちょいとばかり素朴な疑問。


Represa y su embalse

えー、治水、発電の他、水浴も可能です!(おすすめはしませんが)


この橋のあるところ、
地名で言えばサンタ・ロサ県クイラパ市(アメリカ大陸の中央地点らしい)のロス・エスクラボス村で、
標高はGoogle Earthによれば730m程。暑かったです。


サンタ・ロサと言えばレストランで良く見かけるメニューはモハラ(ティラピア)のオイル焼き。
湖で捕れるのか養殖しているのか、多分湖で捕れるのではないかと想像。。。
お頭付きがででん!と出てくるので、一尾食べきるのはちょっと苦しいですけどね。
橋の近くにはちょっとしたレストランや宿泊設備も備えたトゥリセントロもあったりします。


こちらは番外編。


Chorro para la comunidad

橋のたもとにあった、共同水道。
壺を持ってここまで水汲みに来る人を見かけました。
この付近では各家庭に水道がついてるわけではないってことですね。


Pueblo Nuevo Viñas

パンアメリカンハイウェイ沿いのパイナップル屋台。
サンタ・ロサは海岸から標高1000m超まであって、バラエティに富んでいます。
プエブロ・ヌエボ・ビーニャスという町への分岐点近くなどに屋台がよくあります。
安くて甘くておいしい!
という訳で買って帰って来たのは言う間でもありません。


<参考>
El Puente de Los Esclavos: http://www.angelfire.com/pq/yo1/leyendas3.html
Prensa Libre "Puente Los Esclavos aún continúa en pie (06/06/2010)": http://www.prensalibre.com/noticias/Puente-Esclavos-continua-pie_0_275372508.html
Fenómenos Extraños Sin Resolver "Puente los Esclavos": http://fenomenos30.wordpress.com/2009/08/17/puente-los-esclavos/
Wikipedia "Río Los Esclavos": http://es.wikipedia.org/wiki/R%C3%ADo_Los_Esclavos



[ 2012/05/14 23:50 ] 街角 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/842-69cdd719