戦いを好まなかった将軍 (その2) 

昨夜は眠い中で書いていたらいろいろとミスがあったようで、
やっぱりそういう時はとっとと寝るべきなのでありますね(^_^;)


なので今日は早い時間にアップしておきます(笑)
2回目は選挙に敗北してから大統領になるまで。







クヘル・ラウヘルー将軍が大統領に就任すると、
リオス・モントは駐在武官としてマドリッドに送られた。
体のいい厄介払いである。


仕えるために仕える者


1981年3月のある暑い日の午後、ジム・デゴヤン牧師は説教台で汗をかいていた。
教会は満員で、暑さはますます耐え切れなくなってきた。
牧師は「エフライン、窓を開けてもらえないか」と頼んだ。
群衆の中から豊かな口ひげを蓄えた人物が立ち上がった。
牧師は急いで付け加えた。
「まだご存知ない方のためにお知らせすると、
 エフラインはこの教会の保守を受け持っています。
 何かあれば彼に伝えてください」。
エフラインの妻は赤くなったが、
本人は牧師の「皆に仕えるために」という提案に満足していた。
その数日後、彼が教会の廊下を箒で掃いているのを、子供たちの1人が目撃した。
他にも将軍が屈んで床を掃除しているのを見てびっくりした人たちもいた。
「仕えるのに使えない者は使えない」と彼は言っていた。


選挙に敗北した後、彼は失意の内にスペインに向かった。
大使館でのポストは新政権からの残念賞に過ぎず、
マドリッドではあと少しで権力に届くところだったのにという失意に身を震わせる日々を過ごした。
真っ暗な谷間に落ち込んだような気がしたであろうが、
そこで「暗い谷間の中から主は私を救った」と歌う祖母の声を思い出したのかもしれない。
そして教会の中で、祖母の隣で感じたと同じ安らぎと温もりを思い出したのであろう。


いつまでも島流しの身に我慢しきれず、1977年に帰国を決意した。
「この次にグアテマラを去ることがあるとしたら、死ぬ時だ」と彼は周囲に漏らしていた。
その頃、アルフレッド・カルシュミット、アルバロ・コントレラス、
フランシスコ・ビアンチといった福音派の信者が、
毎週末集まって聖書について話し合っていた。
ある時、元大統領候補のエフライン・リオス・モントが特別ゲストとして招かれた。
それ以降、ベルボ教会で活動するようになり、
ますます宗教に興味を示すようになっていった。
後にベルボ校の校長に任命されたが、
最初の頃はあまりにも大きな声で話すために生徒が怖がるので、
声を落として話してくれと言われたという。
「ずっと軍の隊長をしてたものですから、そう簡単には変えられないこともありました」。
教会活動には熱心に参加し、
当時を知る人によれば教会への献身度は完璧なものであったという。
信仰に身を捧げるために生きていたのである。


当時のエフラインを知る人によれば、彼は常に幅広く忠言に耳を傾けるタイプであり、
大抵の場合、教会の長老に相談せずには何事も決められなかったという。
1981年10月、彼の元に数人の政治家がやって来てプロジェクトを持ちかけた。
政党を作って連立し、大統領候補にならないかというのだ。
リオス・モントはその場で返答せず、数日考えさせて欲しいと言った。
教会の仲間とともに断食と黙想をすれば正しい答えにたどり着けるだろうと考えたのだ。
祈りの中でビアンチに「主はお前に別の扉を開かれるであろう」という啓示が示された。
「これはお前のためのものではない」と。
他の仲間達もこれに同意であり、この時点で政治活動に戻るのは価値のないことだと言った。


しかしながらリオス・モントは疑問を抱いた。
その日の午後、彼はバレーボールをしに出かけたが、
ジャンプをした時に踵を挫いてしまった。
ギプスをはめて戻ってくると「主は政治家の道には進むなと仰っているようだ」と
教会の仲間達に冗談口をきいた。
ビアンチは正しかった。ちょうどその時別の扉が開かれようとしていた。
選挙運動も投票すらも必要のない扉が。


選ばれし者


まさか自分の思考が一瞬の内に突き抜けて別の場所を彷徨うことになろうとは、
エフライン・リオス・モントには予想だにしなかったに違いない。
その日は午後に父母会が予定されており、以前から心の中で準備を行なっていた。
しかしその日、彼の頭の中はもっと重要なことで一杯になった。
政府の先頭に立つこと。
学校の指導者から国の指導者になることで。


エフライン・リオス・モントは学校の執務室にいた。
父母会の準備をしていた時、秘書が慌てた様子でやって来た。
クーデターが起こったので子供を迎えに来るという電話があったというのだ。
将軍は驚いた。
しかし数分後に秘書が戻って来た時にはもっと驚くことがあった。
「ラジオではあなたに大統領になって欲しいと言っていますよ。
 中央公園に来て欲しいと」。
それを聞いた時に電話が鳴った。
その日、3月23日は彼の人生を大きく変えることとなった。


その頃、ポルタル・デル・コメルシオでは
フェルナンド・ロメオ・ルカス・ガルシアから権力を奪い取ったばかりの青年将校らが集まって
バリケードを築いていた。
グループのリーダーであったロドルフォ・ムニョス・ピローニャもその中にいた。
彼は指を鳴らしながら、どうしてこんなに時間がかかるのかと落ち着かなかった。
グループの1人が入ってきた時、新大統領がやって来たとロドルフォは興奮したが、
彼がもたらしたのは悪いニュースだった。
「大尉、リオス・モント将軍は来られないそうです」。
ロドルフォは椅子に崩れ落ちると大きなため息をついて言った。
「なんてこった。何と厄介なことになってしまったんだ」。
一番大変なところはもう終わった、そう思っていたのだ。
ルカスには勝利した。
しかし実際には、問題は始まったばかりであった。
青年将校グループは疑問を抱くことなくリオス・モントを選んだのであった。
何と言っても選挙に一度勝ったのであるし、既に政権構想や協力者もいるはずであった。
加えて士官学校の校長であったこともあり、
学校の中では既に指導者であると考えられていた。
しかも外部である国民からも指導者として尊敬を得ていた。
しかし、リオス・モントはやって来なかった。


学校では、混乱した電話がかかってきていた。
リオス・モントは教員としての生活に慣れていたところで、
用意もできていないのに
学校の指導者から国の指導者になる生活に飛び込むなどというのは予定にはなかった。
将校には10分待ってくれ、こちらから電話をかけるからと伝え、その間に忠告を求めた。
学校では誰もが全知の神に祈り、助けを求めた。
最終的に将軍は決意した。
「恐れも感じるが、同時に心の平和も感じる」。
そして赤いフォルクスワーゲンのバンを発車させると指令本部を目指した。
指令本部では、これからどうなるのか、誰にもわかっていなかった。
ムニョス・ピローニャは希望を失い、将校らを集めて言った。
「おい、リオス将軍はやって来ないようだ。どうしたらいいだろう」。


その場で名前の上がった人物については、皆がそれに賛成というわけではなかった。
別の人物については、信用がならないと指摘する大尉がいた。
こうして候補者の名前は次々に消されていった。
終いには将校の1人がムニョスを見て進言した。


「大尉、今指揮を取っているのは誰なのですか」。

「私だ」とムニョスは答えた。
「それならばごちゃごちゃ言わずに、あなたが指揮を取られるべきです。
 あなたが大統領になるのです」。

「私は既に自分の身の丈に不相応な仕事をやっている。
 これよりも大きな仕事は私には無理だ。軍事行為を率いることと国を率いることは別物だよ」。


それから間もなく、遂にリオス・モント将軍がやって来た。
リオス・モントが来るのを見たムニョス・ピローニャは、全身の力が抜けていくのを感じた。
興奮のあまりに抱きつきたいほどであった。
将軍はしっかりとした足取りで彼のところにやって来た。
ロドルフォは起立し、踵を打ち合わせて敬礼した。
「将軍、クーデターがあったことを報告致します。次のグアテマラ大統領は閣下です」。


「誰が指揮を取るのだ」と将軍は尋ねた。

「閣下、あなたです」とムニョスが答えた。

「誰が指揮を取るのだ」、将軍は再び、声を荒げて尋ねた。

「あなたです、閣下!」ムニョスが応じた。

「誰が指揮を取るのだ」、将軍は三度尋ねた。

「閣下、あなたに指揮を取って頂きたいと思ったのでなければ、
 お呼びすることはなかったでしょう。指揮を取るのはあなたです、保証いたします」。
リオス・モントは声を和らげた。
ムニョス・ピローニャはグアテマラに新大統領が誕生したことを理解した。




初めまして、
昨日から始まった 将軍 シリーズ、前ふりも無くとっぴに始まり、せめて、どんな将軍だったか位は、前ふりで書いてほしかったです。わざわざ、Wikipe を調べなければなりませんでしたので。
[ 2012/04/11 22:39 ] [ 編集 ]

ご指摘ありがとうございます。確かに最近このブログにいらっしゃった方には馴染みのない名前かもしれないですね。

実は前ふりは存在しておりまして、3月22日の記事がそれに該当します。古過ぎですが(爆)もっと早くアップしたかたのですが、3月後半はいろいろと忙しくて時間が取れなかったという事情があります。

そんなわけで冒頭の「時間がかかってしまいましたが」に繋がるのですが、「少し時間がかかってしまいましたが」と書いた後、「1ヶ月って全然少しじゃないよな」と思い直して「少し」の部分を削除したという裏話もあったりします。
[ 2012/04/12 07:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/825-dac29a20


まとめteみた.【戦いを好まなかった将軍 (その2)】

昨夜は眠い中で書いていたらいろいろとミスがあったようで、やっぱりそういう時はとっとと寝るべきなのなるまで。クヘル・ラウヘルー将軍が大統領に就任すると、リオス・モントは駐在武官としてマドリッドに送られた。ある。仕えるために仕える者1981年3月のある暑い日の?...
[2012/04/12 12:25] URL まとめwoネタ速suru