クーデター三十周年 

明日3月23日はクーデターから30年なんだそうです。


30年前といえば1982年。
1982年のクーデターと言えばリオス・モント。


そう、グアテマラの歴史で最も有名な政治家であり軍人である
エフライン・リオス・モントが政権を取った日なのであります。


30年という節目の年でもあり、
少しばかりリオス・モント関係の話が出ています。
今までのところ、一番力を入れていたのはエル・ペリオディコ紙かな。
15日の日曜版で大きな特集を組んでいるのですが、これがなかなかおもしろい。


てか、このクーデター、リオス・モントが図ったわけではなくて、
本人にはなる気全然なかったのに、担ぎ出されてしまったとは!!!
全然知りませんでしたよ・・・。


日本で報道されているリオス・モント像は
虐殺の首謀者で権力に恋々とする狂気じみた独裁者ってところじゃないかと思うのですが、
グアテマラではひところのカリスマ性は落ちたものの(ポルティーヨのせいかも)
まだ支持している人もいるし、一方的な独裁者って感じでもなくて
このギャップはどこから来るのだろうと不思議に思っていました。


そういう疑問が少し解ける内容でもあり、おもしろかったので紹介したいのですが、
かなり長い記事な上に、今日はかなり眠くて根性がないので、
また日をあらためて。





[ 2012/03/22 21:52 ] 内戦 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/819-04642763