空腹ゼロ計画 

新政権の目玉の一つに貧困対策もあったりするのですが、
そのために社会開発省というのが新設されまして、
今日の官報で公布されたそうですから、明日発足。


前政権が実施していた貧困対策プログラムは
各省庁に割り当てられたお金を適当にかき集め、
その後どのように使われていたかがさっぱりわからない状態で
批判が集まっていましたから、新政権のやり方は良いかな、と。


省を新設すると、当然人件費や管理費なども余計に発生するという問題はあるものの
どこにお金が流れているのかさっぱりわからないのではさすがにマズイでしょ。
というわけで、誕生後一ヶ月未満で
貧困対策をきっちりやるという姿勢を見せている新政権は評価できるかな、と思っています。


もっとも、もう一つの目玉であった治安対策は、
今のところ目ぼしい効果を挙げていないようですけれどね。


さて、その貧困対策の一つとして力を入れようとしているのが
乳幼児を中心とした子供達の栄養失調。
ラテンアメリカを対象として見た時、グアテマラの貧困率はそれほど高くはないのですが、
栄養失調になると、かなり数字が悪くなります。
(と言いつつ、その数字を引っ張ってくるだけの余裕が今ちょっとないのですが)
旱魃の年など、栄養失調で亡くなる子もいたりするのですが、
その痩せ細り方は本当に酷い。


お金のあるところには超大量にうなっている一方、
本当にお金も食べる物すらもない家庭もまた多々あるグアテマラ。
貧困家庭が山地を中心とした先住民地域に多い(先住民だけ、ではないですよ、もちろん)ことも
他のいろいろな要素と絡み合って、
グアテマラの民族感情やら対立やらを根深くしている要因だと思うわけですが、それは置いておいて。


そうして政府が発表したのが「空腹ゼロ」計画。
主食であるトルティーヤを中心に、栄養素を添付したものを配布したり、
保険衛生面からのサポートを強化することで
子供の栄養失調をなくそうというものらしいです。
(そんなお金、どこから出すんだろう、という気はするのですが、
 貧困対策・栄養失調対策だと国際機関や諸外国からの援助も得やすいだろうから・・・)


今朝の新聞には国内の166自治体では栄養失調の割合が高いと書かれていましたが、
これ、グアテマラの自治体数(確か)334のほぼ半分。
ちょっと気が遠くなるような数字ですが、
せめて飢えて亡くなる子供達だけはこれ以上出ることのないようになって欲しいと願っています。


以下、私のメモ書きとして栄養失調率の高い自治体80のリストを新聞より抜書きしておきます。

自治体 %
1 サン・フアン・アティタン ウエウエテナンゴ 91.4
2 サンティアゴ・チマルテナンゴ ウエウエテナンゴ 82.1
3 コンセプシォン・トゥトゥアパ サン・マルコス 80.9
4 サン・ミゲル・アカタン ウエウエテナンゴ 80.9
5 サン・マテオ・イシュタタン ウエウエテナンゴ 79.7
6 サン・ラファエル・ラ・インデペンデンシア ウエウエテナンゴ 79.2
7 ネバフ キチェー 78.3
8 コミタンシーヨ サン・マルコス 77.7
9 チャフル キチェー 76.7
10 サンタ・マリア・チキムラ トトニカパン 75.5
11 サンタ・カタリナ・イシュタウカン ソロラ 75.5
12 パツィテ キチェー 74.7
13 サン・ガスパル・イシュチル ウエウエテナンゴ 74.7
14 サン・フアン・コツァル キチェー 74.5
15 ナウアラ ソロラ 74.5
16 サンタ・エウラリア ウエウエテナンゴ 74.4
17 モモステナンゴ トトニカパン 74.1
18 ウイタン ケツァルテナンゴ 73.9
19 コロテナンゴ ウエウエテナンゴ 73.8
20 サンタ・アポロニア チマルテナンゴ 73.4
21 バリーヤス ウエウエテナンゴ 73.2
22 コンセプシォン ソロラ 73.0
23 ホコタン チキムラ 72.8
24 サン・ラファエル・ペツァル ウエウエテナンゴ 72.5
25 チチカステナンゴ キチェー 72.4
26 オロパ チキムラ 72.3
27 サン・セバスティアン・ウエウエテナンゴ ウエウエテナンゴ 72.2
28 クネン キチェー 72.1
29 サンタ・クルス・ラ・ラグーナ ソロラ 72.0
30 テクティタン ウエウエテナンゴ 71.8
31 サン・フアン・イシュコイ ウエウエテナンゴ 71.3
32 コンセプシォン・ウイスタ ウエウエテナンゴ 70.4
33 タマウ アルタ・ベラパス 70.4
34 カブリカン ケツァルテナンゴ 69.8
35 タフムルコ サン・マルコス 69.7
36 テクパン・グアテマラ チマルテナンゴ 69.2
37 シビナル サン・マルコス 69.2
38 サンタ・バルバラ ウエウエテナンゴ 69.2
39 サンタ・クルス・バランヤ チマルテナンゴ 68.9
40 サン・アンドレス・シェクル トトニカパン 68.9
41 ソロラ ソロラ 68.2
42 サン・パブロ・ラ・ラグーナ ソロラ 67.8
43 サンタ・ルシア・ラ・レフォルマ トトニカパン 67.8
44 カホラ ケツァルテナンゴ 67.8
45 サン・セバスティアン・コアタン ウエウエテナンゴ 67.5
46 トドス・サントス・クチュマタン ウエウエテナンゴ 67.4
47 サン・バルトロメー・ホコテナンゴ キチェー 67.0
48 チカマン キチェー 66.9
49 サン・フランシスコ・エル・アルト トトニカパン 66.9
50 チチェー キチェー 66.6
51 サン・バルトロ・アグアス・カリエンテス トトニカパン 66.6
52 サン・ペドロ・ネクタ ウエウエテナンゴ 66.5
53 イシュチグアン サン・マルコス 66.2
54 サン・ミゲル・ウスパンタン キチェー 65.4
55 トトニカパン トトニカパン 65.2
56 サン・フアン・コマラパ チマルテナンゴ 65.1
57 サン・フアン・ラ・ラグーナ ソロラ 64.8
58 サカプーラス キチェー 64.7
59 サン・マルティン・サカテペケス ケツァルテナンゴ 64.6
60 イシュタウアカン ウエウエテナンゴ 64.1
61 サン・クリストバル・ベラパス アルタ・ベラパス 63.8
62 サン・ミゲル・シギラ ケツァルテナンゴ 63.7
63 アグアカタン ウエウエテナンゴ 63.7
64 サン・ペドロ・ホコピーラス キチェー 63.6
65 カモタン チキムラ 63.5
66 サン・ホセ・チャカヤ ソロラ 63.3
67 タカナ サン・マルコス 63.2
68 サン・アントニオ・イロテナンゴ キチェー 63.0
69 プルラー アルタ・ベラパス 62.9
70 コンセプシォン・チキリチャパ ケツァルテナンゴ 62.6
71 サン・クリストバル・トトニカパン トトニカパン 62.5
72 タクティク アルタ・ベラパス 61.9
73 パツン チマルテナンゴ 61.7
74 シパカパ サン・マルコス 61.6
75 サン・ミゲル・イシュタウアカン サン・マルコス 61.5
76 パレスティナ・デ・ロス・アルトス ケツァルテナンゴ 61.5
77 サン・ホセ・ポアキル チマルテナンゴ 60.9
78 サン・ホセ・オヘテナム サン・マルコス 60.9
79 ランキン アルタ・ベラパス 60.5
80 サン・ペドロ・ソロマ ウエウエテナンゴ 60.2




[ 2012/02/07 23:37 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/810-bc2bc30a