おいしいパナマ 

駆け足のパナマ滞在でしたが、
なかなかに楽しくて、もっとゆっくり違うところも見たかった・・・と思ったり。


食べ物ももうちょっといろいろ食べてみたかったなー。
パナマ料理といえば、サンコーチョ!
食べたいと思っていたのですが、ホテルで注文する気にならず、
他のところでは他の食べ物に目移りがしてしまって、食べ損ねたー!!!
というのが大きな悔いであります。


サンコーチョ(Sancocho)は肉と野菜の煮込みで
パナマ料理というよりはコロンビア料理かな?
キューバやドミニカ共和国といったカリブの国でも食べるところがあるそうで、
それぞれの地域で若干中身が違うらしいのですが、
パナマのサンコーチョ、おいしいって聞いてたので残念。


その代わり、と言ってはなんですが、
カスエラ・デ・マリスコスってのを食べまして、これがおいしかった!
私たちが宿泊したホテルの近くにコスタ・アスル(Costa Azul)というレストランがありまして、
そこに行ってみたんですよね。
テラス席というか、道路に面した屋外の席もあったのですが、
少し肌寒い夜だったこともあって、屋内の席に。
相変わらず冷房がガンガン効いていまして、
どっちが良かったのかは不明ですが(笑)


中には外国人もいましたが、パナマ人が多く、
かなりの席が埋まっていて、ウェイトレスさんたちも大忙し。
注文するまでにちょっと時間がかかりましたが、
テーブルにあるペーパーナプキンにさらさらと注文を書いていくのにびっくり!とか
そんなことしている間に注文の品が到着。


小僧と父は鯛の唐揚げだっけ?何か忘れたけれど頼んでいたのですが、
出てきたのがまた大きなお頭付で、これがホントに美味しそうだったんですよねぇ。
私のカスエラは魚介をトマトベースのソースで煮込んだもので、
平べったい耐熱のお皿で料理したのがそのまま出てきたのですが、
これ、本当に美味しかったです。
写真撮っておけば良かったんですが、お腹が空いてたものですっかり忘れた(笑)


カスエラは南米大陸の北の方で食べられる料理らしいですが、
これもやっぱり地域によっていろいろとバリエーションがあるようです。


いろんな民族が入り乱れている国だけあって
他にもいろんな国の料理が楽しめるんだそうで、
アレックスはこのコスタ・アスルの他、
レバノン料理のレストランを教えてくれてたな・・・。


まあそんなわけで、パナマの思い出なのか
アレックスの思い出なのか、段々わからなくなってきたところで(笑)
この旅行記もようやく終わりを迎えるのでありました。


ふー、やっと終わったー!



[ 2012/01/31 22:17 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/809-c84c470c