不思議の国パナマ 

中米って狭い感じがしますが、中米全体で眺めてみると、結構大きな地域でもあります。
グアテマラシティの緯度は北緯15度ですが、パナマシティは北緯9度。
赤道に近く、高度も海抜にほぼ同じですから、暑いに違いない!!!
と思って行ったのですが、実は全然そんなことはなくて。


グアテマラは5月~10月頃の約6ヶ月が雨季ですが、
パナマは4月後半から12月上旬までが雨季なんだとか。
グアテマラで経験するような雷雨はなかったし、雨もそれほど激しくないのですが
朝遅めの時間から雨が降り始めてお昼すぎくらいまで降るって感じの3日間。


書き忘れましたが、私達の旅行は11月11~13日の3日間で、
それも11日の午後について13日の午後に出発するという、実際の滞在時間は多分50時間弱。
何でそんな旅になったかというと、小僧が「ボク、パナマ行きたい」と言ったからであり
パナマというと運河くらいしか見るものないんじゃね?ってことだったのでありました。


パナマと言えば運河の他にも先住民のクナ族が住むサン・ブラス諸島が観光地として有名です。
海があるのに島がないグアテマラに住んでる私としましては
実はこのサン・ブラス諸島でおバケーションとか、
サン・ブラスまで行かなくとも太平洋に浮かぶ島でおリゾートとか、
かなり憧れの世界だったりするのですが(笑)
それはまた別の機会に、ってことになりました。


さて、そんな雨降りのパナマでしたが寒いわけじゃなくて、もわっとした感じ。
湿度も高いようですが、気温がそんなに高くなかったので
外は割と過ごしやすかったです。
でも一歩建物の中に入ると、そこは冷房がガンガンに効きすぎていて寒っ!!!


グアテマラでもそういうところもあるけれど、その比じゃなかった。
パナマの建物の中はとにかく寒い!!!ので上着が必須。
暑い国に休暇に来たはずだったのに、何だかちょっと調子が狂う・・・・・・。


それから、とにかくスローだった。
パナマのトクメン空港に到着して最初に「遅っ」と思ったのがイミグレーション。
パナマ人と外国人に別れて列につくのですが、
パナマ人がすいすいと通っていくのに
外国人はパスポートをチェックして、2,3質問して、そしてやっと大きなハンコをポン!
まあでもそこはイミグレーションですからね。


びっくりしたのがマクドナルド。
ホテルのWiFiが有料だったこともあって、
近くにあったマクドナルドでお茶しながらWiFi使ってたわけなのですが、
ここはファーストフードか!と思うくらいののんびりさ加減。


あまりの遅さに私達の後ろに並んでいたパナマ人が
「おしゃべりばかりで全然進まないじゃないか」と怒って店を出て行ったくらい(笑)。
グアテマラのマクドナルドは、店員さんが待ち構えているような感じで
それはそれでまた「もうちょっとゆっくり考えさせて」って思わないでもないですが
ここは何故にこんなに遅いの?って思うくらい遅かった。
店員さん同士でしゃべってるのも確かだけれど、それだけではないような・・・。


マックカフェでコーヒーを頼むと「テーブルまで持っていきます」と言われたので座っていたら
「Joven ! Joven !(ホーベン、直訳的には若者だけれど、「そこの方」みたいな感じ)」と呼ぶ声が。
なんだ、カウンターまで私が取りに行くのか・・・。
いいけど、持って来るっていったじゃん!!!


一応ラテンな国に住んでる私にも予想外の出来事があって
やっぱり似ているようで違うのだなーと思ったのでありました。

07 Panama City
(エスパーニャ通り。例のマクドナルドは写真を撮っている場所の下になります。)


ついでに書くと、グアテマラで誰かのことをjovenと呼ぶのはそんなに一般的ではないです。
バスに乗ったことがある方なら
バスの車掌がお客さんを呼ぶのに使ってるのを聞いたことはあるでしょうね。
でもお店の人がお客さんを呼ぶ時はセニョールとかセニョリータってのが普通じゃないかなぁ。
そういう意味でもかなりびっくりした出来事だったのでありました。


また、全員が全員ってわけではないけれど、
コロンビア訛りなスペイン語が聞けるのも新鮮でした。
典型的だったのが、「こちらでお召し上がりですか」と聞く時に語尾が下がること。
Para acá? という疑問文、グアテマラで語尾を下げる人いないと思うのですが、
語尾のイントネーションが下がるので、口調がきつい感じに聞こえたり。


後でホテルに帰った後、小僧と二人でその口調を一生懸命マネっこしてみたのは
言うまでもありません。


あ、ついでに書くとホテルのチェックインもやたらと時間がかかった(笑)。
私達は4人だったのですが、全員のパスポートのコピーを取られたのは初めてで、
これもちょっとびっくり。
未成年の小僧も含め、4人が全員書類にサインしたのも初めてです。


話は飛ぶのですが、車のナンバープレートが前後に2枚ついていないのも初めて見ました。
何でもパナマは前か後ろかどっちかにとりあえずついていればいいらしい(笑)。
ひき逃げ事故とか、車から発砲事件とか、きっとないんでしょうね・・・?素晴らしい。


そんなこんなでいろいろと新鮮で、初日の印象は不思議の国パナマ。
市内に立ち並ぶ高層ビルとごちゃごちゃっとした隠微な雰囲気が漂う町並みもまた
そういうパナマっぽさを醸しだしていたかもしれないです。いや~、楽しい♪


08 Balboa beer

パナマのビールと言えばこれ、なんだそうで。
私は飲まないので味の方はわかりかねるのですが、
勧めてくれた人は「これは強いビールだよ」って言ってました。
飲んだ父曰く、「そんなに強くないよ」ってことだったのですが、
ひょっとしてグアテマラのガーヨで慣らされちゃったかもですね。


[ 2011/11/22 23:54 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/795-7e2e4cc7