「カラスを育てると」 

10月19日のEl Periódico紙に掲載されたルシア・エスコバルのコラム
グアテマラを代表する観光地であるアティトラン湖畔のパナハッチェルが
憂慮すべき状態であると訴える勇気ある告発でした。
ちょっとどぎつい内容ですが、全文を和訳したものを掲載します。



同じ場所が2年の間にこんなにも変貌してしまうものだろうか。
以前のパナハッチェルは夜中にふらつきまわっていても、野良犬に吼えられることさえなかった。
しかしそれも2009年12月6日の日曜日、大勢の観光客の目の前で、
群集が男性1人を殺し、3人の女性を焼き殺そうとした日から変わってしまった。
この事件は捜査されず、正義は行われなかった。
誰も話さず、その話題には触れようとしなかった。
犯罪を放置したことで、町は無秩序かつ無政府状態となり、
昨年、夜間のパトロールを行う治安委員会と呼ばれるものが誕生した。
覆面をし、手にはバットや棍棒を持ったパトロール隊である。
そして「カラスを育てるとカラスに目をえぐられる(飼い犬に手をかまれる)」ということわざの通りとなった。
このパトロール隊に対しては今日までのところ職権濫用、拷問、誘拐などで30件以上の被害届が出されている。


それだけではない。
殺人、社会粛清(暗殺)、超法規的処刑に係わったという声が聞こえている。
ピシカことルイス・ヒルベルト・ティアン・センテ(23)が失踪したことを告げるビラが電柱に貼られて2週間になる。
彼は4歳の男の子と、間もなく生まれる予定の赤ん坊の父親である。
20人ほどの覆面グループが彼に暴行を加え、道を引きずって行ったのを見たという証人が何人もいる。
血まみれの衣服と靴は川岸で発見されたが、遺体は見つかっていない。
私はフアン・マヌエル・ラロン、ビクトル・アンレウ、テレサ・コエーヨとパナハッチェルの治安委員会が、
一度ならず覆面グループの側に立ち、保護していることを告発する。
またパナハッチェル市長ヘラルド・イゲーロス、
ソロラ県知事エレーナ・ウフパン・ヨフコム、
内相カルロス・メノカルらの無関心と無視も殺人や拷問の共犯であることを告発する。


もし、次にこの世界で最も美しい湖の底に石をくくりつけられて横たわるのが私であったとしたら、
誰の手によるものかは火を見るよりも明らかであろう。


文中に出てくる2009年のリンチ事件については
パナハッチェル在住のエスコバル自身が記事を書いています。
市場で盗みを働いたとして男性が群集により殺害され、
捕らえられた女性3人は警察が隔離して移送しようとしたところ
群集に襲われてパトカーは焼かれ、警官らも負傷、
女性(内1人は妊婦であった)らは辛くもリンチを免れたという事件でした。


これはパナハッチェルで起こった事件でしたが、
似たような話は国内あちこちに存在しており、
昨日もグアテマラシティの郊外の町で盗みを働いたとされる2人組が
群集に捕らえられて暴行を受けたという話がありましたが、
その暴行してる後ろに交通警察がたむろしているのが見えるのですよね。
まあそりゃ交通警察は管轄じゃないにしても、ちょっとまずくないか・・・?なシーンでした。


犯罪や殺人事件が多発するグアテマラでは殺人事件すら解明されないことが多く、
ましてや盗難なんて現行犯じゃないと逮捕されることなんてあり得ない。
警察はアテにできないと思うからリンチが起こり、自警団が組織されるわけですが、
この自警団が今度は犯罪集団になっているというやるせない話。


なおこのコラム、オリジナル?はエスコバル自身のブログに掲載されています。


それ以上の事実関係については私は知る由もありませんが、
...y qué?という雑誌の今年8月号に
このパトロール団の違法行為を指摘したEl PAN y la limpieza socialという記事があります。


本文、コメント欄とも読んで圧倒されてう~ん・・・。言葉が出ない状態です。
夜も更けてきて考えがまとまらないので、とりあえず今日は書き逃げ。


[ 2011/10/23 01:29 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/790-1984ff43