雨の被害 

先週の日曜日から断続的に降り続いた雨は、
今日の未明から朝方にかけての激しい雨を最後に
どうやら一段落したような気配。


この辺りの雨はスコール型で、激しく降ってからっと上がることが多いのですが
今回の雨は断続的に降っては止み、降っては止み、また降っては止み・・・と
無限ループに陥ったかのような降り続き方。


雨季の末期で既に土壌も川も空気さえも水分たっぷりだったところに
そんな雨が降り続くとどうなるかは自明の理。
山肌はガラガラと崩れ落ち、川は水嵩を増して決壊する。
高地は土砂に埋まってドロドロになり、低地は泥水に浸ってドロドロになり、
そんなドロドロが国内の広範囲で起こったのが今年の水害の特徴でありました。


特に被害が大きかったのは南西部。
犯人は先週の日曜日に太平洋側からやってきたのが12-Eという熱帯低気圧で、
この低気圧が太平洋側から進入すると最初の山地と衝突して
低地と高地の間の斜面、ボカ・コスタと呼ばれる地域に大量の雨を降らせたわけです。


降水量マップの赤い地域が降水量(累積と書かれているけれどいつから?)の多い地域。
被害の大きい南西部のボカ・コスタが猿のお尻のようにまっかっか。
このボカ・コスタから太平洋の扇状地に流れる川は急流が多く、
雨が降ると一気に流水量も増加、岩やら石やらも転がしながら下流で決壊するわけです。


毎年のように繰り返される出来事なのにいつまでたっても予防ができないのは何故。
せめて川の浚渫工事やれば、もう少しマシになるんじゃないかとか思うんだけれど、
乾季が半年も続くお国柄、
降らない時にはそんなことしてどうするのよってのも、わからないじゃないけれど。


同様に国内の幹線道路は、毎日のように土砂崩れが起こっては発掘作業の繰り返し。
限りなくシシュフォスの神話に近い作業に人的資源と資金がわんさかとつぎ込まれており
こうして一国の資産は悪化していくのだな・・・と冷静にケーススタディやってる場合ではなくて。


こんな時にも先頭に立って陣頭指揮の出来ない大統領がいる国は不幸だよな、
とお隣エルサルバドルのフネス大統領を横目で羨ましく眺めながら思ったり。


ま、そんなこんなで、雨こそは治まったものの、
いろんなことが平常どおりに戻るまでには若干時間がかかりそうではあります。


[ 2011/10/20 00:04 ] 気象・災害 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/789-9d7066f0