青少年の労働 

10月1日はこどもの日。
あちらでもこちらでも子供用のイベントが行われるのですが、
そういう日でもキャンディーを売ったり物乞いをしたりする子供達に欠けることがないのもまた残念な事実です。

国際労働機関によれば、グアテマラでは5~17歳の青少年100万人が何らかの労働に従事しており、
この数は中米で最多であると言っているとか。
まあグアテマラは人口も多いので単純に数だけを比較してはいけないのだと思うのですが
それでもやっぱり百万人は多い・・・・・・。

少し古いですが、2006年に統計局が行った生活状況調査を行っています。
当時の統計では、労働に従事する青少年は966,361人(男子514,764人、女子451,596人)で、約半数が農作業に従事。
10人に7人が貧困家庭あるいは極貧家庭に生活しており、
約半数は農村で生活する先住民。
予測できる話とは言え、やっぱりタメイキ・・・。

また、労働に従事する子供達の10人に4人は学校へ通っておらず、
この割合は農村に行くと高くなる。(はあ~)
そのため農村では不識字率も高くなり、農村で労働に従事する子供の4人に3人は読み書きができない。(はああ~)

労働の内容は農業、漁業、家事、路上販売、建設の他、花火製造や石灰採取用の岩石割といった危険な作業も含まれる。
花火・・・というか爆竹の製造には子供の小さな手が適しているとかで
花火工場で爆竹の紙を巻く作業をしている子供達がいるのですが
この花火工場が火災を起こし、何人もの子供が負傷したり亡くなったり・・・という事件が時々起こっています。
児童労働の撲滅のシンボル的な仕事なのですが
事故の後しばらくは治まっても、時が過ぎればまた始まる・・・。
悲しい。

【年齢構成】
5~9歳
男子 62,204人
女子14,074人

10~14歳
男子306,564人
女子147,160人

15~17歳
男子147,996人
女子290,362人

【地域別】
南西(トトニカパン、ソロラ、スチテペケス、レタルレウ、サン・マルコス)
320,508人(33.2%)

北西(キチェー、ウエウエテナンゴ)
191,075人(19.8%)

首都圏
97,339人(10.1%)

北部(ベラパス)
86,685人(9.0%)

南東(フティアパ、ハラパ、サンタ・ロサ)
78,848人(8.2%)

中部(サカテペケス、チマルテナンゴ、エスクイントラ)
73,148人(7.6%)

北東(イサバル、チキムラ、サカパ、エル・プログレッソ)
70,460人(7.3%)

ペテン
48,298人(5.0%)

【参考】2006年生活状況調査(ENCOVI: Encuesta Nacional de Condiciones de Vida)
Siglo21 - Guatemala: el país donde más niños trabajanより



[ 2011/09/30 23:37 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/782-a182b547