バス事故 その後 

この事故、結局死者54人(内46人が現場で死亡が確認された)、
負傷者27人という大惨事となり、政府は3日間の喪を宣言しております。


事故のあった29日、バスは17:40に第4区のターミナルを出たらしいですが、
この日は月末の給与支払日であったこともあって、市内はかなりの渋滞。
フティアパ行きのこのバス、
超満員の乗客75人を乗せていたそうです(定員は48人)。
そして問題のエル・チレロ・カーブにさしかかったのが19時過ぎ。


救助された乗客の話。
「バスはものすごいスピードで走ってて、道は真っ暗だった。
運転手が『ブレーキが効かない!つかまれっ!!』と叫んだかと思うと
ものすごい音がして、まず後ろに、それから前に大きく揺れた」。
またしてもブレーキが効かなかったのか・・・・・・。
バス事故の理由って、これ以外に何かありましたっけかね?


それにしてもこの事故は、いろんな問題を明らかにしてくれたのでもありました。


まず、路線バス側の問題。
時間が経ってくるにつれ明らかになってきたのが
運転手は乗り合いバスの運転に必要なプロフェッショナル・ライセンスを有しておらず、
以前にも無免許で検挙されたことがあり(罰金刑)、
ついでに一般自動車の速度違反でも検挙されたことがある(やっぱり罰金刑)。


加えて、事故車は法律で定められている保険に入っておらず
(10月に切れたまま、延長されていなかった)、
つまり、営業してはいけない状態でありました。


・・・・・・まあ、そんなことを言い出すと、
営業できるバスなんて数台になっちゃうかも、ですが。
確認された情報ではないですが、国会議員がこのバスのオーナーだったという噂もあり。


そしてまた、こういう状態を放置した当局。
これもいつものことと言えばいつものことですが、
無免許の人物にバスを運転させるバスオーナーまたはバス会社と共に、
責任を免れるものではないと思うわけですが、
実際に責任を追及されることはまずない、んだろうな。


更に救急救命体制。
この事故の被害者は、すべてグアテマラシティーの国立ルーズベルト病院に搬送され、
ルーズベルトは30人を超える重傷者を一度に受け入れることとなりました。
明らかにキャパを越えた重傷者数で、7人が他の病院に転送されたようです。
(5人はもう1つの国立病院へ、他の2人は社会保障病院と軍病院へ)


てか、いかな救急病院だったとしても、明らかにキャパオーバーでしょ。
こういう時に受け入れられる病院が国立病院しかない、じゃあ助かる患者も助からない・・・。
せめてヘリで、他の地域の国立病院へ搬送するとかできないんだろうか。


ちなみにルーズベルト、バスの出発地であったターミナルよりももうちょっと先で、
事故現場からは約40kmですか?
まず、首都圏から駆り出された救急車が現場にたどり着くまでに時間がかかり、
崖下の被害者を助け出し、病院に運ぶまでにも時間がかかり。
救急隊の人たちにとっては困難の多い作業だったとは思いますが、
大事故の際の救急体制としては、いかにも脆弱な感じです。


悪条件が重なって救助が間に合わずに亡くなった方もいるのではないかと思いますが、
何よりも、この類の事故、頻繁に起こっているのですよね。
その度ごとに今回とまったく同じようなことが繰り返されている。


まったくいつになったら・・・・・・。
とタメイキしか出ないですよね、やっぱり。



[ 2008/03/02 18:47 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

日本にいると

バスなどの公共交通ってのは自分の運転する車よりは安全って漠然と思ってますが、国が変わるとそうも思ってられないんですね。
そう言えば、パナハッチェルに路線バスで行ったとき、ソロラからの下りカーブの連続の途中、ここでこのおんぼろバスのブレーキが壊れたら・・・って考えた事を思い出しました。

とにかく、こう言う事故が繰り返されない事を祈ります。
[ 2008/03/03 01:29 ] [ 編集 ]

ホント、

日本の公共交通機関って、安全運転ですよね。

こちらのバスって、野菜を積んだトラックの方がまだ丁寧だよ!みたいな運転しますもんね。
怖いです。

この事故、長い下り坂を下ったところにある急カーブで起きているのですが、
大体この手の事故って、エンジンブレーキを使わずに
フットブレーキで坂を下ってくることに原因があるようです。
・・・・・・って、免許取ったばかりの私に言われてどうする。って気もしますが。

パナハッチェルの下り坂も急ですが、距離としてはそんなに長くはないかも。
幸い、あそこはあまり事故がないですよね。
チチカステナンゴに行く方の下り道は、坂もカーブも急で無茶苦茶怖いです。

グアテマラシティーから外へ出る時は、どちらを向いても山道。
バスの利用者は、とにかく運を天に任せるしかないんでしょうかね・・・・・・。
[ 2008/03/04 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/77-90560f02