発砲事件の被害者 

ディオニシオ・グティエレスの話の続きを書く前に
今日目に留まったこんな記事をご紹介しておきます。


今月16日の未明に10区の通称ソナ・ビバ、
グアテマラ随一の高級ホテルやレストランやクラブ等が並ぶ付近で
タコスのレストランに数人が発砲、3人が死亡、8人が負傷する事件がありました。
事件の一報を伝える記事はこちら


このなくなった3人の内1人は、
そんな時間にも路上でキャンディー等を売っていたという15歳の少女。
彼女は7歳の妹と一緒にいたのですが、
妹の方は怪我も大したことはなく、2日後に退院したそうです。


実はこの付近には未成年の子供達が夜遅くまで働いているのだとか。
この記事を書いた記者は実際にこの地区を通っているのですが
7~15歳位の子が少なくとも15人はいたとか。
売っているのは携帯電話のアクセサリーであったり
オレンジだったり、タバコだったり、キャンディーだったり。
そしてこういう子供達は大抵明け方2時頃まで仕事をしているのだそうです。


8歳のホセと7歳のミゲル兄弟は週に1回グアテマラ風な菓子を売りに来ているのだとか。
両親は夜間は仕事をさせないけれど、それでも売上げは1日Q50程度。
ちゃんと学校には行ってるけれど、自分たちの名字はわからないとか(笑)。


ちなみにグアテマラでは、正式に雇用契約ができるのは15歳から。
そういう事情もあって、15歳以下の子供達が売り子さんをしていることが多いのだと思うのですが。
子供がよくやる仕事には他に靴磨きや物乞いがあります。


児童保護局によれば、グアテマラでは未成年約90万人が何らかの仕事をしており
その内5~13歳が半数の45万人。
働く子供達の10人に7人が男子だそうです。


親ではなく子供が仕事をするのは
親が他の仕事を持っているケースもあるのでしょうが
子供の方が同情を引きやすい=お金を稼ぎやすい、だからだと思います。
比較的安全だと思われていたソナ・ビバですらこんな事件が起こり
子供が巻き込まれて死亡する。


何とも残酷な話です。


ちなみに・・・。
事件の容疑者として2人が逮捕されています。
犯人の1人は「(被害者の一人に)兄弟を殺された仕返し」と言ったそうですが
そんな人物がM16とか軽機関銃みたいな武器を持ってレストラン目掛けて発砲するかぁ~?
と思っていたら、やっぱりそれに該当する兄弟は存在しないことが明らかになったそうです。


多分、麻薬絡みの事件なんでしょうが、真相は闇の中。
亡くなられた方々は本当にお気の毒としか言う言葉がありません。


同じ年頃の子供を持つ親として、辛くなる記事でありました。


[ 2010/10/21 23:59 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

これは…

この場所は何度か行ったことあるなぁ…
比較的治安が良いエリアだと言われていたと思いましたが、こんな事件があったなんてショックです。

もっとも、「治安が良い」と言われている割には、あまり雰囲気がよくないし、特に歩いて楽しい場所でもないな…と感じたのも事実ですが。

のんびり安心して歩ける場所って、首都にはないんでしょうか。最近は空港から地方へ直接でるようにしていますが、これでは市内の長距離バスターミナルに行くのもためらってしまいます。
[ 2010/10/22 22:09 ] [ 編集 ]

>tsuji_koさん

私も良く通る場所なんですよね。
ここのタコス屋さんには入ったことないけれど、
向かいのタコス屋さんには行ったことあったり。


ソナ・ビバは夜通るとびっくりするくらい活気ありますよ、
日中行ってもあまりおもしろくないかもしれないけれど。
でもそんな地区も、事件の後はめっきり客足が減ってしまったそうです。

のんびり安心して歩ける場所と言えば、
アウロラ動物園の中とか、モールの中(最近はこれも危ない?)とか、
なんかそんな感じになっちゃうんですよね・・・。
あと、日曜日のホコ天は結構おススメ。
犬の糞にさえ気をつければ、歩いてても気持ち良いです。
[ 2010/10/23 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/764-0cd13c31