コロン大統領訪日 

グアテマラのアルバロ・コロン大統領が
10月21日から23日にかけて日本を公式訪問することが発表されたので
簡単にまとめてみようかな、と。


ちなみに最近の大統領は日本を訪問してエンジョをゲットしてくるのが習慣となりつつあるようで
先代のオスカル・ベルシェ、先々代のアルフォンポ・ポルティーヨに続き
公式訪問はこれで3人目。
グアテマラを出発するのは19日で、帰って来るのは24日となります。


日程は次の通り。
21日:企業との会合(経団連ですかね?)、
衆議院議長との会合、Jetro理事長との会合、
そして国連大学での講演!
テーマは「気候変動とマヤのビジョン」。
一国の大統領の講演のテーマとしてはどうなのよ、
てな話はともかく、この方、一応マヤの司祭ですから
多分それなりに内容のある話をして頂けるといいな・・・と。
滑舌が悪いというか、鼻に声がかかるタイプなので、聞き取りにくいですけれど。
時間は18時、東京の国連大学本部にて、聴講希望者はこちらから申し込み可能。


加えて、どうやらネットでも視聴可能らしい。
興味のある方はこちらを覗いて見て下さいね。


その後、デジタル放送の施設を訪問し、
そこからグアテマラ向けの番組「大統領執務室」を放送。
この番組、今はテレビとラジオの二本立てなんですよね。
こういうところに使う金は全然削らないから・・・。


さて、翌22日。
国際協力銀行及びJICAとの会合。
この日は天皇陛下との会食及び菅首相との会談もセットされており、
この訪問のメインイベントである円借款の交換公文への署名も行われるはず。


円借款の金額は$1.2億で7年間は返済免除、
その後年利1.40%で18年間に渡って返済することになっています。
返せるんだか・・・・・・。


この資金は主に北部のキチェー、アルタ・ベラパス付近の街道の整備工事に充当される予定で
総工事距離は175.9kmとか。
今年の多雨により影響を受けたので再整備が必要、ってのがタテマエなんだけれど
ここって、そうじゃなくても整備必要じゃありませんでしたっけ?
ま、いいけどね、別に。整備が必要なのは事実だから。


まあそれとは別に、グアテマラから日本への輸出促進に関しても期待が込められています。
特に日本人は上質のコーヒー好きだしね・・・、
でも今年は多分コーヒーは不作なのではないかという気がするので
タイミングとしてはあんまり良くないかもしれないけれど。


23日は特に公式行事は入っていないようで、
お買い物したり何だりして、時間になったら出発、かな。


日本でニュースになるかどうかははなはだ不明ではありますが、
もし目に留まることなどありましたら、教えてくださいね~!



[ 2010/10/16 23:26 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/761-5b27fdd6