盗人が盗人に・・・? 

「ちょっと最近更新が・・・」とリアル世界の方から指摘を受けてしまいました。
わかってはいるんですが、いやその・・・。
いい加減言い訳も見つからないのでさくさくっと書き始めることにしてみました。


9月15日は189回目の独立を祝ったグアテマラですが
日を同じくして市内のショッピングモールで銃撃戦が起こったとのニュースも。
一報では麻薬組織と警察の間の銃撃戦とのことでしたが、
続報ではアメリカの麻薬取締局が指名手配している人物が
警察が張り巡らした網を掻い潜って逃亡したという情けない話が伝わってきており、
ところが一夜明けると「あれは麻薬組織間の報復だ」という話になっていたり、
たまたまその場に居合わせたのか麻薬に関係あるのか不明な牧師が亡くなっていたり、
そして二夜明ける頃には「非番の捜査員がその場にいて負傷、死亡した」
という話も出てきていたり。
非番の捜査員がその場にいた、ということで現在は麻薬組織との関係を疑われています。


謎は更に謎を呼んでいるところだったりするのだけれど、
警察はどうも緘口令を敷いているっぽくて
大した公式情報が出てきていません。


ま、ひょっとしたら何にも情報持ってないのかもしれないけれどね。


そんな、何だかいや~な感じのする事件がある中で
ちょっとくすっと笑えたのがこんなニュース。
「ビエント・エン・コントラの楽器と照明機器が盗まれた」


普通なら「あらかわいそうに」となるニュースなんでしょうが、
このビエント・エン・コントラ(日本語にすれば向かい風)というロックバンド、
その音楽よりも何よりも、
現グアテマラ大統領の息子アントニオ・コロンが
ベーシストとして参加していることで有名なバンドなのでありました。


だからどうしてもちょっとクスクス混じりの同情になってしまう・・・。
どうやら機材一式を積んでいたトラックごと盗まれたらしいのですけれどね。


この事件を伝える短い記事にたくさんのコメントがついているのですが
「泣かなくてもパパとママが新しい機材を買ってくれるよ(税金でね!)」
「大統領は『これは国を不安に陥れようとする反対勢力の仕業だ』って言うんだろ」
「泥棒が泥棒に入られたか」
「インテリジェンスを使って解決しろよ」
「コエシォン・ソシアル(大統領夫人がやっている社会福祉プログラム)が
 明日になったら新品の機材を買ってくれるさ」
「税金がまた無駄遣いされることになるのか」
「盗まれたヤツだって自分の金で買ったわけじゃないだろ」
などととにかく散々の書かれよう。


・・・・・・気持ちはわかるけれど。


私的にはこれでCicigが出てきたら笑えるよな~
とか思っちゃいましたけれどね。


こういう類の盗難は犯人が捕まらないものなので
機材が見つかったり、犯人が逮捕されたりしたら
それはそれでまたすごい話になっちゃうわけですが、
続きが楽しみ気になる事件ではあったりします。



[ 2010/09/17 23:21 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/748-1dca9fd9