大統領夫人の公式行事? 

アルバロ・コロン大統領の任期も2年半を過ぎ、
来年の今頃は選挙戦真っ只中のグアテマラだと思われるわけですが、
次期大統領の最有力候補とされているのが現大統領夫人のサンドラ・トーレス・デ・コロン。


コロン大統領が大統領になったのも、
サンドラが大統領になるための布石に過ぎない・・・・・・というのは私見ですが
とにかくコロンが大統領になってからのなりふり構わずのお金のまき方、
そして資金の集め方が無茶苦茶すごい。
残念ながらこういう話は今のところ表には出てこないわけで、
陰でいろいろと囁かれている程度ですが、
そうは言っても信憑性の高い話も伝わってきたりしています。


現大統領とその夫人の権勢は、それこそ
「この世をば わが世とぞ思ふ」と詠んだ藤原道長ばり。


サンドラに逆らおうものならあの凍りつくような目つきでギロリと睨まれ、
その魔法の杖で石にされてしまうのであります。
おっとこれはナルニア国物語だったっけっか。
本当のことを言うと、杖がなくてもその場で凍りつきます。


いや、そんな話を書きたかったのではありませんでした。
選挙まで1年以上ある今は、選挙活動はもちろんできません。
できないとは言いながら、
どの候補もあの手この手で動き始めている時期でもあるわけですが
サンドラはそれを公費でやってのけてしまっているという話。


昨日7月19日付のSiglo XXI紙が取り上げているのですが、
記者は公式ルートからはサンドラのスケジュールについて
一切情報提供を受けられなかったにも係わらず
4日間密着してレポートをまとめています。


それによると7月6日から9日までのサンドラの動きはこんなだったとか。


7月6日 グアテマラ県チナウトラ市

会場のセッティングも完了、借り上げバスで動員された人たちも到着し、
警備の警官やらバンドまでが用意されていたにも係わらず、
最終的にサンドラは出席をキャンセル。
代わりに出席したのがFonapaz(和平基金)長官でありました。


何の集会だったのか今ひとつ良くわからないのですが
サンドラが強引に推し進めている社会福祉プログラムに関係するものの模様。
参加者はもれなく「連帯パック」(主食などを詰め合わせた袋)を貰って帰ったのであります。


集会をコーディネートしたチナウトラ市役所の職員は
「自分達は準備だけしてくれと言われた。お金のことについては知らない。
 話があるから来てくれ、と言われて来ただけの人たちもいる」とコメント。


7月7日 フティアパ県フティアパ市アグア・ブランカ村

現場は武官及び警官による警備体制が敷かれておりました。
無料バス約26台で住民らが動員されていますが、
この費用はフティアパ市が負担したとフティアパ市長。
ついでに市の職員たちが着用していたユニフォームも
政権党のイメージカラーである緑と白だったり。


ま、でもこれ、選挙運動じゃなくて
Mifapro(社会福祉プログラムの一つ、貧困世帯に現金を支給するもの)の
公式行事ですから。


「貧者の保護者」であるサンドラはヘリにて登場。
「大統領と私がこの村のことを心に留めていることは知っているでしょう。
 あなたたちをずっと支援し続けられるよう、祈ってください。
 可能であるならば、また戻ってきます」


祈ってくれ、というのは「私が大統領になれるように」って意味?
いやでもこれ選挙運動じゃありませんから。


7月8日、サカパ県グアラン市

ここでもオフィシャルカラーが登場。
しかしなんと、ひな壇が緑と白って・・・、何かヘン。


グアランではこの日Mifaproのプログラムが開始となり
3010世帯に現金が手渡しされたそうです。


公式行事ですから、サンドラは当然大統領専用ヘリで登場します。
大統領専用機?あれ、そ言えば大統領ってどうしたんだろ?


大統領、いろいろ多忙で、ドサ回りなんかしてられないんですよね。
そりゃ毎日バスが襲われたりなんだりしているグアテマラシティの住民としては
呑気に地方に行ったりしてたら怒ります。


いや、結構行ってるんですけどね、この方。
でもグアランには行く気にならなかったみたい。
で、そういう時のためにいるのが副大統領じゃ・・・
なんて突っ込んだりするのはきっと野暮なんでしょう。


副大統領は何をしているのかしらん・・・・・・。


7月9日 イサバル県プエルト・バリオス市

イサバル県というのはサンドラの出身地。お膝元訪問です。


で、はるばるやって来たのは車椅子を贈るためだったようです。
さすがは大統領夫人!たったそれだけのために
多額のお金と人員を使ってプエルト・バリオスを訪問されるなんて・・・・・・。


なんつっても「アタシはどこへ行く時にも手ぶらじゃいかないのよ」
と公言される方ですから。
気になるのはどこにいくら使われているのが全然不明瞭なことなんですけれど。


でもそんなことを言おうものなら
「大統領とアタクシが一生懸命貧者のために努力しているのに、
 より必要としている人のために何かしようとすればするほど攻撃されるのよっ!」
と感情論に訴えられてしまうのであります。
でもその裏にあるのは冷徹な勘定論の方なんですけどね・・・・・・。


この記事を書いたレポーター、3日目にサンドラに見つかって石になった・・・
りはしなかったのですが
「どうして私に嫌がらせするのよっ!人権保護機関に訴えてやるから」
「あなたが嫌がらせをするのは私が貧者のために仕事しているからでしょ、
 あなたが嫌がらせをしているってこと、はっきり世間にわかってもらえるように
 ちゃんと公式に発表するから」
と下意を賜ったのだそうでございます。


公式行事なら、普通はマスコミが取り上げてくれることを喜ぶはずでは?
それを嫌がらせと受け止めるということは
普通の取材活動を超えた何かがあったのかしらん・・・・・・?


とりあえず今のところ「人権侵害」の告発は行われてはいないそうで。
多分「貧者の保護者」であるサンドラが
自分の善行をわざわざ世間に知らしめる必要などないわ!
そうそう、右手のしたことを左手に教えちゃいかんのだよ、
とキリスト様も言っていらっしゃったものね(感涙)
と思っていたのに、
気の利かない新聞記者が顔を出して写真ばバシャバシャ撮るわ、
あちこちにインタビューしまくるわ、
ですっかり公になってしまったのが不本意だったのでありましょう。


まあそうは言っても公式行事ですから
大統領の名代(であるらしい)大統領夫人がご臨席されるというのに
記者が不在というのもまたおかしな話ではあります。



斯様にして既成事実はどんどん築き上げられて続けており、
そのやり口の上手さには舌を巻くばかり。


ただ見ているしかない私は、
誰か何とかしてよーーー、と願う以外にないのが切ないところではあります。



[ 2010/07/21 00:28 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/742-f629218c