ローセンベルグ事件 一審判決 

ロドリゴ・ローセンベルグ殺人事件の実行犯グループ9人に対する判決は
7月15日に下されています。


当日は被告人の最終弁論があり、
その後判事(3人による合議制)が8時間の話し合いを行った後
17:35に法廷が再開され、判決。


この裁判、2週間ほどで結審したわけですが
その間に証言台に立った証人は78人、
物的証拠として提出された電話記録(SMSも含む)は3345件とか。
事件現場付近の防犯カメラに映っていた映像も証拠として採用されています。


結果はCicigの主張が全面的に認められる形となっており、9人全員が有罪。
以下9人それぞれの名前と判決を記録しておきます。


ウィリアム・サントス(William Gilberto Santos Divas)

暗殺グループのリーダー。
本人は殺人については無罪を主張していた。

判決:懲役38年(殺人30年、各種違法行為8年)


ルカス・サンティアゴ(Lucas Josué Santiago López)

ローセンベルグに実際に発砲した人物と認定されたが本人は否定。
「自分がやらなかったことを償わされるハメになった。
 (司法取引したカルドナは)自分が助かりたいために
 自分に責任を押し付けている」と主張。

判決:懲役38年(殺人30年、各種違法行為8年)


ヘスス・カルドナ(Jesus Manuel Cardona Medina)

司法取引を行い、事件の真相を明らかにする鍵となった人物。
暗殺グループでは、バルデス・パイス兄弟との連絡係であり、
バルデス・パイス兄弟はローセンベルグの依頼により
ローセンベルグの代わりに暗殺グループとのコンタクトを取ったとされている。

「脅されたにも係わらず、真実を打ち明ける勇気を持っていたのは自分一人だった。
 バルデス・パイス兄弟は資産があり、影響力のある人物で
 自分には生命の危険があった」。

判決:懲役12年8月(殺人10年、各種違法行為2年8月)


サムエル・ヒロン(Samuel Girón Cobar)

事件当日、ローセンベルグの後をつけた車の所有者。
付近の防犯カメラに映っていた車を割り出したことが
事件解決に繋がった。

判決:懲役8年(各種違法行為)


ホセ・ルアノ(José Armando Ruano Gaitán)

判決:懲役48年(殺人30年、各種違法行為8年、軍用武器の不法所持)


エドウィン・ロペス(Edwin Idelmo López)

エスクイントラで犯罪グループを率いている人物でもある。

判決:懲役38年(殺人30年、各種違法行為8年)


ミゲル・オルドーニェス(Miguel de Jesus Oldóñez)

事件当時現職警官であったため、懲役が加算されている。

判決:懲役10年8月(各種違法行為)


バイロン・サントス(Byron Estuardo Santos Divas)

判決:懲役8年(各種違法行為)


バルモリス・グスマン(Balmoris Guzmán Orellana)

判決:懲役8年(各種違法行為)


この裁判は実行犯グループに対するものでしたが
「主犯格」とされるバルデス・パイス兄弟は先月自主しており
現在は拘留中。


ちょっと不思議なのが、バルデス・パイス兄弟が自主する確か前日、
国軍の施設を拘置所あるいは刑務所の代用として使用できるという決定がなされていたところ。


で、バルデス・パイス兄弟は当然のごとくその国軍基地の方へ収監されています。
他にこちらのお客となっているのは元大統領でアメリカから引渡し要請がある
アルフォンソ・ポルティーヨ。


この3人が1室を共同で使っているのだそうで、
決して快適な環境ではないようですが、
他の囚人に危害を加えられる恐れはなさそう。


もっとも、3人の食事やその他は更生施設局が面倒を見ているそうなので
食事に毒を盛るとかはあるかもしれないですけどね・・・・・・。


それにしても、こんなもの押し付けられる国軍も、ちょっとかわいそう・・・・・・。



[ 2010/07/19 23:59 ] ローセンベルグ事件 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/741-f89e980d