Cicigのカストレサナ辞任 

今日は先週の旅行の話でも・・・と思っていたのですが、
Cicigのカルロス・カストレサナが辞任したというニュースを追っかけていたら
カストレサナ自身がスキャンダルにまみれているという話が出てきて、
それを読んでいたらつい時間が経ってしまったのでありました。
というわけで、旅の話は置いておいて、こちらから。


要約しますとこんな感じ。
国連の「グアテマラの無処罰問題対策委員会」トップのカルロス・カストレサナが
国連事務総長に対して辞表を提出し、
受け入れられていたことが、本日いきなり突然発表されたのでありました。


タイミング的にも唐突な感じだったのですが、
カストレサナは
「政府などからのバックアップが得られなかった上、
 Cicigに対する攻撃もある。
 これ以上、グアテマラのためにできることは何もない」
と表明、さらに
「(先日就任したばかりの)検事総長コンラッド・レイエスはその任に値しない。
 麻薬組織と係わりのある弁護士事務所と取り決めをして 検事総長の任務を得た。
 更迭すべき人物である」
と激しい非難。
ただし、その非難に見合う証拠を挙げているわけではありません。


びっくりを通り越して唖然・・・とするような内容。
一体全体何があったんだろう・・・とゴソゴソ探していたら
出てきたのがカストレサナのスキャンダル。
唖然・・・を通り越したら何になるんでしょ?
天と地がひっくり返ったような・・・とでも書いておけばいいのかな。


そのスキャンダルをすっぱ抜いたのはマリオ・ダビッド・ガルシア。
Hablando Claro(アブランド・クラロ)というラジオ番組のプレゼンテーターをしてる人ですが
6月2日、私が雨の中を一生懸命運転していた頃、その番組中で
「カストレサナは秘書のジャマイカ人女性と愛人関係にある」
ことを暴露したのだとか。
(参照した記事はこちら。スペイン語です)


カストレサナはメキシコ人女性と結婚しており、子供もいるものの
有名な記者でもある妻と子供はメキシコ在住の単身赴任。
「他人にモラルを要求する人物が、家族やグアテマラ人を欺いている」
というのがガルシアの言い分。
ただしこちらも、確証を挙げているわけではありません。


もう一つ付け加えておけば、マリオ・ダビッド・ガルシアって
Cicigとカストレサナにはちょっと因縁のある人物だということ。


ロドリゴ・ローセンベルグの事件を覚えていらっしゃるでしょうか。
「あなたが今このビデオをご覧になっているとすれば、
 それは私が大統領に殺されたからです」
という内容のビデオを残して殺されたローセンベルグ。


そのビデオの撮影に協力したのがこのガルシアでした。


Cicigの捜査により、「ローセンベルグは自殺だった」という結論が出され、
それはそれでまたパカヤ火山が大噴火するような騒ぎだったわけですが
ローセンベルグの友人でもあったガルシアは、
決してこのような結論に納得していなかったはず。


だからカストレサナの身辺を嗅ぎまわったのだと思うし、
このスキャンダルに当たったのだとも思うわけです。


それがグアテマラにとって良かったのかどうかという話はまた別ですが・・・。


一方でカストレサナが嵌められた可能性も無きにしもあらず・・・と思うのは
ガルシアが番組で「カストレサナは大統領夫人の姪とも関係を持ったことがある」
と指摘しているから。
大統領夫人の周辺にまずいことありすぎるから
女に弱いカストレサナに一服盛って姪を送り込み、
カストレサナの弱みを握って、自分の周辺を嗅ぎまわられないようにする。
それくらいやりかねないからね、あの方・・・・・・。


カストレサナは頭の切れる人物ではありますが、
上から目線でグアテマラの内政に口を出しすぎることから
グアテマラ人にとっては鬱陶しい人物であったのもまた事実。
カストレサナの辞任を惜しむ声と喝采を上げる声が半々くらいですかね・・・。


そんなわけで何が何だか。
濃霧の中で狐につままれたような感じですが
結局事実関係はうやむやになっていくのだろうな、と。


カストレサナが指摘しているレイエスの不正についても
事実だという声もあるにはあるのですが、噂のレベル。
それを裏付けられるものがありません。


天災に続いてこのゴタゴタ。
益々混迷を続けるグアテマラなのでありました。


[ 2010/06/07 23:47 ] CICIG | TB(0) | CM(2)

大噴火と、続いて大雨 なんとお見舞いをして良いのか
遠い国から一体何が出来るのか? そんな中ワールドカップと総理大臣の交代で大騒ぎ。サッカーに至っては、夜中から日中に同じ画面をどのTV 局も流しています。ガテマラに目を向けている人って居るのかしらと。ちょっと救われるのはガテマラの人たちが、暗くなく明るそうだから少しほっとします。
 次々に事件は起きるのですね。 何だか複雑、怪奇 真実は如何にです。きっと其のうち 小説が出来るでしょう。
 メキシコ湾のオイル噴出 これは暗くなります どんな結末になるのかしら? ガテマラのお話からこんなところに飛び火してしまいました  
[ 2010/06/16 08:30 ] [ 編集 ]

>ペコさん

いろいろあっても「良くあること」の一部として
案外皆飄々としているように思います。
もちろん、家族を亡くしたりされた方はそんなわけにはいかないのでしょうが、
起こったことは起こったこととして受け入れる、
誰に文句を言うとか恨むとかいうことあまりないかもしれません。

もっとも「こんなに大変なのに支援が届かない」という人たちは必ずいまして、
これはむしろ政治が絡んでいやらしい話になってきます。

メキシコ湾の原油流出はまるで何かの象徴のようですよね。
止めることのできないものを人間は使っているんだな、と
少し恐ろしくも思います。
[ 2010/06/23 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/733-714b2e7f