パカヤ火山噴火 

今週は低気圧がこの付近に押しかけているんだそうで、
何だかすっきりしない天気にぐずぐず系の雨が続いています。
それだけでも鬱陶しいというのに、今日は15時頃にいきなり突き上げるような地震。


M3.4という小さな地震だったことは後でわかったのですが、
震源地の近い直下型の地震で、
こういう揺れを経験したことのなかった私には
結構ドキドキものでありました。


更には、ちょうどその地震の直後くらいからパカヤ火山の活動が活発化というニュース。
活発化、だけだったら良かったのですが、
19時を過ぎた頃から本格的な噴火が始まり、
最大1000mくらいの高さまで灰を吹き上げたという話です。


パカヤ火山はグアテマラシティーからは南に位置しており
超アクティブな火山として有名です。
私が覚えているのでは1998年にも噴火して
グアテマラシティーに灰が降り、
干してあって洗濯物が真っ黒りん。


今回はその当時以上の灰が降っており、
既にセマナサンタのアルフォンブラ状態。
夜中の火山灰というのは保護色で良く見えないわけですが
ざっと踏んだり触ったりした感じでは、少なく見積もっても1cmはある感じ。


家にいた私は良かったのですが通りにいる人たちは大変・・・。
通行人は傘をさせば何とかなるかもしれないけれど
車のフロントガラスに灰が積もり、
そこに微妙に雨なんかが降ってくるものだから
灰が固まってしまって視界が・・・・・・。


二輪車は危なすぎて走れない。
砂浜を走っているような感じで車輪を取られてしまうので。


グアテマラ市役所は「道路の清掃を行うけど、皆も協力してね」と広報中。
雨季が始まっているので、火山灰をさっさと避けてしまわないと
排水溝が火山灰で埋まってしまって水が流れない、
そして雨が降ると道路は河川に大変身。


いやそれって、別に火山灰なくても普通におきてると思うのですが
そんなレベルじゃなくて大変なんだ、ってことなんだろうな、多分。


パカヤ火山がよく見えるところにあるアウロラ空港はもちろん閉鎖。
進入路が火山に近い上、滑走路は一面の火山灰で、
こちらに向った飛行機はすべてエルサルバドルへ行き先変更。
そこからは陸路ですかね。


公立校は明日は休校、
小僧の学校は明日は前期の成績表渡しがあったのですが
先ほどメールで「中止」と連絡がありました。


パカヤはまだ盛んに噴いているようで
付近の住民の避難が続く一方、
火山を取材していたマスコミ関係者や
地元住民に行方不明者が確認されています。


これで活動が沈静化してくれれば良いのだけれど
明日は一体どうなることか。


ニュースのUstream版はこちらで(現在は生中継が流れてますが、ビデオでも見られるようになるはず)


写真はこことかここで
私の火山灰ついーとはこちらで見られます。
(一部情報はhahachiniさんが探し出したものです。ぐらしあす!)


取り急ぎのパカヤ火山噴火情報でした。



[ 2010/05/27 23:44 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

あたりどし?

わー、空港封鎖ってけっこう大事ですね。火山灰がつもった状態って想像つかないなぁ、雨が降ったら洗い流されていいんじゃないかと思ったりしたのですが、そういう訳にもいかないんですね。

今年、なんだか世界各地で自然災害多いですね。たまたま自分の耳に入ってくるだけかな?

いずれにせよ、早く落ち着きますように…。
[ 2010/05/28 06:46 ] [ 編集 ]

>tsuji_koさん

雨が降らなきゃさらさらの火山灰なのですが、濡れると泥みたいに固まって重たい。
滑りやすくなるし、パカヤ火山が近すぎて、使えないです・・・。


いやそれにしても、まさかこんなに火山灰が降るとは思わなかったので、びっくりしましたー。
[ 2010/05/30 00:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/727-538609ed