サンティアギート火山とパカヤ火山 

ケツァルテナンゴにあるサンティアギート火山というのは
国内でもまた活動が活発な火山の一つで、
しょっちゅうモクモクと煙草をふかし・・・・・・たりするわけはなくて
煙を吐き出していることで有名です。


いや、実は「中にマッシモンが入っていてね、例の葉巻をぷかぷかやってるのよ」
なんて話も考えたのですが、マッシモンをこういうところに持ってきて
妙にたたられるのも嫌だしな。
というわけで、普通に煙草説から入ってみました。


そのサンティアギートが今日辺りド派手に火山灰まで撒き散らしたらしく
ケツァルテナンゴ地方では注意報(オレンジ警報)が出されています。
当局は火山灰が健康に被害を与える可能性があるとして、休校などの措置を勧めており
きっとこれ幸いにとシェラから遠い町でも休校になったりするんじゃないだろうか・・・と
相変わらず嫌味たらしく予想する私ですが。


そんなサンティアギートの様子はこんなビデオなんかで見られます。




これが平時。数時間おきにどっかーーーんといくのがサンティアギート。
その代わり、溶岩噴いたとかいう話はあまり聞かないような。


一方、溶岩と言えばこちら、パカヤ火山。
パカヤ登山ツアーという人気のコースもあるのですが、
このツアー、頂上付近で溶岩でマシュマロを焼くという名物付。
私もその内登ってみたいなーと思うのですが、ちと怖いような気も。




地肌が熱いので草木は一切ない禿山。
先日は落石事故でツアー客とガイドが亡くなるという事故があったばかりで
南側からの登山道が今は閉鎖されているとかいう話。


このパカヤ火山、グアテマラシティーの南、アウロラ空港の真南に位置しています。
飛行機が南から進入してくる時はこのパカヤ火山を右手に見てターンし、
着陸態勢に入るというのが一般的です。
なのでこの火山が火山灰を噴き出したりしたら、
グアテマラシティーの空の便は麻痺すること間違いなし。
いや麻痺するほど空の便あったけかね・・・という気もするけれど。


そう言えば98年に結構な火山灰を噴き出したことがありましたっけね、この火山。
市街地にも薄黒い火山灰が積もったの、覚えてます。
その後も時々赤い火を見せているのがこのパカヤ。
故に地熱発電所があるし、また建設計画があると聞きます。


でもいくらサンティアギートやパカヤが頑張っても
アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトルの噴火には敵わないだろうな。
(どうでもいいけど、絶対に覚えられない気がするこの名前)
それでもアイスランドの方も噴火の前には地震が増えていたとか言うし
最近なぜかここも地震が多いし、ひょっとして・・・・・・。



[ 2010/04/26 23:00 ] グアテマラの住人たち | TB(0) | CM(2)

peko

火山のビディオ有難うございます。 ガテマラはあの形した山が多いですね。富士山を小型にしたような山を見ましたが噴火はちょっと怖いですね。大事になりませんように。 いま日本はゴールデンウイークで高速道路は超ラッシュ 人々の根気強さに驚かされます。 私は近場の公園のお散歩を十分に楽しみました。新緑が美しいですし、人気もなくゆっくりと堪能しました。 
[ 2010/05/05 01:50 ] [ 編集 ]

>pekoさん

毎年、雨季の始まりは火山活動が活発になるように思います。
よく言われるのは「雨が火口を刺激する」なのですが
これはちとばかり眉唾。
火山も地震も適度にガス抜きしてくれるのが一番ですよね。


日本のゴールデンウィーク、季節も良いですからどこかへ出かけたくなる時期だと思いますが
そういう時期の都会は穴場なのかも。
セマナサンタのグアテマラシティーみたいなものでしょうかね。

[ 2010/05/06 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/717-7b1ed27e