大統領のお給料 

フィデル・カストロさんが議長職を辞任しましたね。
まあ、健康問題のため、以前から実権は弟のラウルにわたっていたわけですが、
40年以上にわたってキューバの顔となってきたカストロさん、
評価する人もいれば、親の仇のように憎む人もいるわけですが、
その功罪はともかくとして。
ラテン的「強い男」を体現したカリスマ為政者として、歴史に残ることは間違いないでしょうね。


この前、ローカル紙(Siglo XXI)にこんな記事が出ていました。
なんと、ウチのコロン大統領がアメリカ大陸で2番目の高給取り。だって。
トップはもちろんアメリカ大統領の$33,000。月額です。
次いでグアテマラが$18,567(Q143,662)なんだとか。え゛・・・・・・。


中米の他の国を見回しますと、
エルサルバドルが$5,181、
ホンジュラスが$5,131、
ニカラグアは$3,200、
コスタリカですら$8,500。
コスタリカのアリアスさんは、この収入の中から福祉事業に寄付をしているとか。


一方、米大陸一の安サラリーがカストロさん。月額$30てのは、
キューバの所得がどんなに低いと言っても、やっぱり低いでしょう。
ボリビアも安くてエボ・モラレスは毎月$1,900で生活してます。


ちょっとびっくりするようなグアテマラ大統領のこの高待遇、
2004年に当時の大統領オスカル・ベルシェがQ100,000引き上げたんだそうです。
曰く、「地方出張の際の経費なんかをここから出すから」。
ふ~ん。で、コロンもそうしてるんですかね?


なんかねぇ~、割り切れないものを感じるのは私だけでしょうか?



[ 2008/02/20 23:47 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/71-b1943f25