大統領の給料 

月曜日の朝刊各紙にコロンビアのポルタフォリオという経済誌が発表した
「アメリカ大陸の大統領の給料」という記事が掲載されました。


とは言え、この大陸の大統領全員ではなく12人だけなのですが、
それ以外の人の給料がもっと低いからなのか、
あるいは単にデータが取れなかったのか、その辺りについては不明です。


それでもウチのコロン大統領がオバマさんに次いで大陸2位の高給取りと発表されれば
世間は当然注目するわけで。
順位は次の通りとなっています。


1バラック・オバマアメリカ$32,371
2アルバロ・コロングアテマラ$18,277
3ミシェル・バチェレチリ$13,297
4フェリペ・カルデロンメキシコ$12,699
5アルバロ・ウリベコロンビア$8,964
6ウーゴ・チャベスベネズエラ$8,167
7ルイス・ルーラ・ダ・シルバブラジル$6,324
8アラン・ガルシアペルー$5,279
9ラファエル・コレアエクアドル$4,880
10クリスティーナ・フェルナンデスアルゼンチン$4,133
11ダニエル・オルテガニカラグア$3,137
12エボ・モラレスボリビア$1,850

コロンがエボの10倍かぁ。これってどう解釈すべきなんだろ・・・。


と思って、今度は各国のGDPと比較してみることにしました。
経済音痴の私ですから、意味があるのかどうかはわからないけれど、
GDPに占める大統領のお給料の割合みたいな感じ。
本当は月額ではなくて年収と比較したかったのですが、
各国のボーナスの規定とかがわからないので、月額で比較しています。
数式は 給料÷GDP×100。
GDPのデータは世界銀行の2008年のものですが、百万の単位から下は割愛して計算。


大統領GDP
1ダニエル・オルテガニカラグア$6,59247.59
2アルバロ・コロングアテマラ$38,97746.89
3エボ・モラレスボリビア$16,67411.10
4ラファエル・コレアエクアドル$52,5729.28
5ミシェル・バチェレチリ$169,4587.85
6アラン・ガルシアペルー$127,4344.14
7アルバロ・ウリベコロンビア$242,2683.70
8ウーゴ・チャベスベネズエラ$313,7992.60
9クリスチーナ・フェルナンデスアルゼンチン$328,3851.26
10フェリペ・カルデロンメキシコ$1,085,9511.17
11ルイス・ルーラ・ダ・シルバブラジル$1,085,9510.39
12バラック・オバマアメリカ$14,204,3220.23

オルテガとコロンが断然トップってどういうこと!?
もちろん、GDPの大きい国ほど比が小さくなるのはアタリマエなのですが
グアテマラとかニカラグアって、
身の丈に合わないほどの給料払ってるってことじゃないんだろうか。


もっともコロン大統領のために一言弁明させて頂くならば、
給料を上げたのは彼ではなく、私の記憶では確かポルティーヨ時代だったような。
(定かではありませんが)


それでも、パラグアイのフェルナンド・ルーゴが就任した当初、
「ボクは貧者の金は奪えない、お給料はいらない」
ってさっそうと給料を返上したような例もあるわけで、
いやあ格好良かったですよ、ルーゴ、あの頃は。


去年、隠し子騒動で散々ミソをつけてしまいましたけれどもね。
カトリック教会の司教だったルーゴ、
政治家に転身する前は自分の金などなかったはずで、
無給で養育費も払っているのなら、それはかなり同情するかもしれないけれど・・・。


話がパラグアイに飛んでいってしまいましたが、
実はこの国には「給料は減額改定することはできない」と労働法に定められておりまして
ひょっとしたら無給で働くとか減額するとか、
そういうのは法に反することだからできないのかもしれないです、
いや、ホント、ひょっとしたら、の話ですが。


でもやっぱり「給料泥棒~!」と思ってしまうのは何故なんだろう。



[ 2010/02/11 22:32 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/689-1c94a9d4