Facebookのこと 

今時の子供達にとってはネットは重要なツール。
サイトを見たりゲームをするのはもとより、
メールやチャットもアタリマエ、
宿題の調べ物に使うのも常識なら、
宿題そのものをmoodle使ってやっちまう、という時代。
(友人の息子さんが行ってる学校は、昨年からmoodleを導入したのだけれど、
 アクセス過多でサーバーがダウンし、宿題ができなかったことがしばしばだとか)


ちなみにmoodle(ムードル)とは
「インターネット上で授業用のWebページを作るためのソフト」なのだそうです。
今のところは小僧はドイツ語の宿題のみこれを使っていて
やったらその場で採点結果がわかるという仕組み。
間違ったところの復習とかもやってくれたりしないのかな・・・。


さて。子供をもつ親なら誰でも、自分の子がどんな風にネットと係わりを持つかは気になるところ。
現代の子供にネットは不可欠ですが、
友人の9歳の姪っ子が見知らぬおじさんと音声チャットしてたなんて話もあるように
使い方を間違えれば危険なツールになることは間違いなく、
我が家的には「リスクがあることを教えながら使わせる」ことにしています。
まだまだおっかなびっくりですが。


さてその小僧が最近やりたいと言ってきたのがFacebook。
何でもクラスの同級生のかなりの子達がもうFacebookをやっていて
メッセージを送ったりチャットをしたり、ゲームをしたりしているのだとか。


うーーーーん、と考えてOKしました。
「まだ早い、もう少し待ちなさい」と言うこともできたけれど、
こうやって素直に言ってくれる内に、
一緒にやりながら教えていった方が良いかなぁ、と思ったので。


先ほど書いた9歳の姪っ子がいる友人は、
その出来事に恐れをなして、中学生の息子さんにネットを禁止したのだとか。
うーーむ、それもまた過激な話で、
大体禁止されたら、親のいないところで隠れてやるようになりますよねぇ。
私にはそっちの方が心配です。


幸い?なぜか私はFacebookのアカウントを持っていたのでありました。
好奇心からアカウントは作っていたのですが、ちらりと覘いたっきり。
まあでもお陰で、自分で使いながら「ここはこうしときなさい」とも言えるし、
小僧がどんなことをしているかも、ある程度の見当はつくわけです。


ただ、こうしておけばカンペキかと言えばそうではないでしょうし、
やっぱり心配ではあります。
そんな私の心配をヨソに、奴は今日もFacebookを開き、
呑気にゲームなどしているのでありますが。


[ 2010/02/10 23:55 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/688-169d58e7