歯列矯正 

最初に小僧を連れて歯医者に行ったのは、
ヤツが2歳頃のことだったでしょうか。


そろそろ乳歯が生えそろっているはずなのに、
どうも下の前歯が1本足りないような気がする・・・、てなわけで
気が重いながらも小児歯科を紹介してもらって行ったのでありました。


そこはもう小児歯科ですから、看護婦さんの制服も子供向けに明るいし、
マスクまで柄物だったのにはちとびっくり。
肝心の小僧の歯の方も「永久歯の芽はあるから心配しないで大丈夫」
という話だったので一安心。
それ以来、年2回くらいの定期検診一応通っていました。
てか、先方から「そろそろ検診の時期ですよ~」と電話が入るのでやむなく。


で、一昨年の10月くらいでしたっけか、いつものごとく検診に行ったら
「そろそろ矯正しないとね」
と何やら不吉なことをつぶやく先生。
その時はまだやらなくても大丈夫、というかまだやる時期じゃないから、
と言われてほっとしたわけですが、
今年こそは矯正をやることになってしまいました。


小僧は下顎が小さい上に、乳歯時代に1本足りなかったなんてこともあって
歯はガタガタ。
この時期に始めれば永久歯を抜く必要もないし、
顎の成長を促すこともできるし、
もっと後になって始めるよりは短い期間で矯正できる、らしい。
そんなわけで、小僧のクラスでも矯正している子は既に3人。
小僧はその3人の先輩達?から
「最初の数日は痛いけれど、後はどうってことないよ」
てな情報をゲットしておりました。


まあそりゃ君も痛いかも知らんけれど、
私ゃ懐が痛いよ。
ちなみに小僧が通っているお医者さんは
前金がQ3,000、後は毎月1回の検診毎にQ375、
もっとも通う期間は2年から2年半だという話なので、
2年だとしてトータルで計算すればQ12,000。
付加価値税(12%)は含まない料金です。
今のレートで計算すると、$1,445くらいかな。


おまけに何かトラブルがあって月2回受診したとしても、
1回分だけ支払っておけばいいそうです。
ただし、矯正具が壊れて作り直しになったりすれば別途料金発生。


レントゲンを撮ったり、型を取ったり、
いろいろな準備を経てブラケット(矯正具)をつけたのが先週の水曜日。
その日は上の歯だけを取り付けて
「下の歯はまた来週ね!」


あの~、私仕事休んで来てるんで、できたら両方一緒につけてほしいんですけれど。
と心の中で舌打ちしながらも、
小僧のためにはその方がいいんだろうなと思い直してみたり。


その翌日から「少し痛い」と言い出しまして、
「痛かったらこれ飲み!」と錠剤を渡してましたが、
それも3日くらいだったかなぁ。
歯磨きが大変にはなったのは事実だけれど
本人は苦労しながらもやり方を覚えてきています。


そして今日は下の歯の装着。
前回と同じく30分ほどで完了、
「じゃあ今度は来月だね!」
はあ、やっと終わったか。トラブルないといいけど・・・・・・。


矯正が始まると、固い物は食べられなくなるし、
コーラみたいな炭酸飲料も原則禁止。
どこに行っても炭酸飲料しかない国で、一体どうしろっていうんだか。
小僧はポップコーン禁止されて
「映画に行ったら何を食べたらいいんだ」
と悩んでいます。
ポップコーンって、あの匂いを嗅いだら欲しくなりますもんねぇ。
ってことは、しばらく映画も禁止か?


しばらくは辛いかもですが、
白く輝くきれいな歯並びは一生物ですからね!
苦労する価値もあるってもの。


とか言ってたらサッカーで肘打ちされて歯折っちゃいましたとかいうオチになったりして。


[ 2010/01/27 23:43 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/684-e8f307b6