地震 

今朝は9時40分、仕事を始めてしばらく経った頃のこと。
突然ブラインドがかたかた揺れ始め、ついでぐらりと大きな揺れ。
これが結構続いて、立っていても船酔い気分。


というのが今朝の地震体験でした。
グアテマラにいると地震は良くあるのですが、
今回のはその中でも大きかったような。


日本でも報道されたのは、この前のハイチの地震直後であることと
マグニチュードが6と比較的大きめだったからでしょうね。
もっとも地元の気象庁はマグニチュード5.4と発表していて、
それとこれとじゃ行って帰ってくるほど違うんですけれど。


震源地はエルサルバドルとの国境に近い太平洋沖。
沖と言ってもかなり陸地に近かったようです。
それでも大した被害がなかったのは、震源地が地下100kmと深いところにあったからでしょう。


グアテマラ国内では北部を除いてほぼ全域で地震が体感されたようで、
場所によっては物が倒れたとか落ちてきたとか、そんな話もあったようです。


小僧はちょうど音楽の時間で、一生懸命勉強していたら
地震に気づくのが遅れた・・・って、
いや、それって早く気づかないと危ないでしょ。


そう言えば私が子どもの頃、地震があったら机の下にもぐりなさいとか言われた記憶がありますが、
小僧たちの使っている机椅子って、椅子にテーブル代わりの板がついていて、
下の方に物を載せられるようなスペースがついているだけで、
全然頑丈じゃないんですよねぇ。
地震なんかの時には邪魔になるだけで、かえって危ないような。


それでも小僧たちの学校はちゃんと避難訓練もするし、
地震の時はこうしなさい、って指導を受けていまして、
「地震の時はガラスに気をつけないといけないよ」
なんて話をしていたら
「学校の窓ガラスは割れても破片が飛び散らないようになっている」
んだそうで、ほぉーーーと思ったものでした。
それでもビシビシに割れれば破片は落ちるから、やっぱり気をつけてほしいけれど。


その小僧たちの学校ではハイチへの支援物資を集めるそうです。
学校で一括して集め、政府の支援物資を載せた飛行機に一緒に載せてもらうんだとか。
そんなわけで明後日までに持ってくるように、というショートノーティスなのですが
折角の機会ですからささやかでも送らせてもらおうかと思っています。
救援物資として推奨されているのは缶詰食料、飲料水、生理食塩水とガーゼ。
水がいいんだけれど、小僧に持たせるにはちと重いかしらん・・・


それにしてもハイチの状況は日本でも報道されている通りで、
死者をきちんと葬ることもできないような状況の中、
生き延びた人たちにとっても大変な日々が続くのでしょう。
この際ハイチはドミニカ共和国に吸収合併されてしまった方が
幸せなんじゃないか、てな話は置いておいて。


こういう災害が起こるたびに、
人間はやっぱり自然の前には小さい存在なのだなぁと思います。
謙虚に、一歩一歩をきっちり歩いて行く人生築いていきたい、
なんて思う私は人生ももう折り返し地点を過ぎてしまったのであります。多分。


[ 2010/01/18 23:10 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/681-372ca6e9