相変わらず、物騒な話 

最近一段とまた物騒になってきているグアテマラですが・・・・・・。
最近続けざまに起こったのが、路線バスの運転手や車掌の殺害事件。


特に先週の火曜日でしたか、1日で運転手5人が殺害され、
ウチの大統領をして「これはテロ行為だ(おいおい、大統領~)」と言わしめたりなんかして。


そんなわけで、運転手を辞める人が続出、
特に地方ではバスの運転手さんが
「安全が保障されないなら、仕事はしない」とスト。
個人的には「あんたたち、まず安全運転を保障してよ」とちょっと思うのですが、
まあね、命と引き換えにするくらいだったら、別の仕事を探した方がいいですよね。


というわけで、最近は市内だけではなく地方でも
警察や軍隊によるパトロールが行われています。
その間に、誘拐とか強盗みたいな事件は増えるかも?ですけれどね。


さて、物騒な話だ~とは思いながらも
とりあえずは「他人事」だったのが、
実はちょっとわが身にも降りかかってきた、いや~なニュース。


というのは「第16区や第17区の学校に、金を払わないとスクールバスを乗っ取るぞ」
という脅迫電話があったというのです。
それも1校や2校じゃないらしい。
でもって、小僧の学校は16区にあったりします。ぎょっ。


まあね、単なる恐喝で、実際に手を出すことはない、と思いたいですが。
教育省長官のアナ・デ・モリーナさんは脅迫電話をかけてきた人物の
「良心への呼びかけ」を行ったようですが。


これこれ、長官。
そんなことで翻意するようなら、今頃グアテマラはもっといい国になっとるわっ!


とか、そんな話を今日同僚としていたら、彼女がこんな話を。
「この前、田舎に住む姪っ子から電話がかかってきたんだけれど、
(同僚の)父の墓参りに行ったら、墓碑が盗まれていたって。
石だけじゃなくて、ブロンズを使ってあったのがいけなかったのかなぁ。
それにしても、ひどい世の中だよねぇ~」


これにはさすがの私も絶句です。
盗むに及んで、墓荒らしですか・・・・・・。
彼女の実家って、幹線道路からもはずれたところにある地方の小さな町なのですが。
そんな田舎の町ですら、こんな心が寒くなるような話かぁ・・・・・・。


いつの日か、安心して住める国になってくれるんでしょうかね・・・・・・?


[ 2008/02/13 22:09 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/68-83218215