○○人(続き) 

とりあえず、昨日の続きから始めてみます。


Quetzaltenango (ケツァルテナンゴ)
なんとかテナンゴの法則発動で、もちろんquetzalteco(ケツァルテコ)。


Huehuetenango (ウエウエテナンゴ)
こちらもテナンゴの法則に則って、huehueteco(ウエウエテコ)。
間違ってhue○oなどと呼んだら、殴られますのでご注意。


San Marcos (サン・マルコス)
Marquense(マルケンセ)。


関係ないけれど、マルコと言えば母をたずねて三千里。
スペイン語のタイトルはMarco, de los Apeninos a los Andes(マルコ、アペニン山脈からアンデス山脈へ)らしい。
日本で制作されたこのアニメ、スペイン語圏でも放送されたんだとか。
それにしても、マルコ少年、長い道のりを旅したのねぇ~。


Retalhuleu (レタルレウ)
なんとかテナンゴじゃないんだけれど、ここもテコがついてretalteco(レタルテコ)。


ちょっと変わったこの地名、キチェー語由来だと言われています。
retalてのがサイン、しるしの意味、hulは穴でuleuが大地。
大地の穴ってのはつまりなんかの印でしょ、てなわけで
直訳すれば「大地の印」、でも一般的には「世界の首都」という意味なんだとか。


ふーーーーん、世界の首都って、ニューヨークあたりかと思ってたよ。


Suchitepéquez (スチテペケス)
ここも余り聞かない。多分、suchiteco(スチテコ)。
ステテコみたいで女性はちょっと恥ずかしいかも?


県都のMazatenanngo(マサテナンゴ)の人たちはmazateco(マサテコ)、
堂々と何とかテナンゴの法則が適用されるのであります。


Escuintla (エスクイントラ)
Escuintleco(エスクイントレコ)。
Escuintleñoみたいな、もちっと発音しやすい名前を希望。


Santa Rosa (サンタ・ロサ)
うーむむむ、ありふれた地名だと思うんだけれど、聞かないなぁ。
Santarosano(サンタロサーノ)あたりかしらん?


県都はCuilapa(クイラパ)ですが、これもうーむむむむむ。
素直に考えるとcuilapense(クイラペンセ)あたりでしょうか?


Jutiapa (フティアパ)
ここもなぜかjutiapaneco(フティアパネコ)。
なんとか猫となる地名は3ヶ所あって、
いずれも母音のaで終わることと東部にあることが共通項。



これで国内22県を網羅したと思うわけですが、
おわかりになった方もいらっしゃるかもしれませんが、
県名というのはあまり一般的ではないのでして、
市や町の名前で○○人、と呼ぶ方が普通に一般的なのであります。


でもそれを始めちゃうと330以上になっちゃう上、
呼び名がわからないところも多いもので、取り急ぎこんな感じでやってみたわけですが・・・。


さてでは。
日本人のことはjaponésですが、では東京都民はどうなるでしょう?


正解は追記の欄を。




正解は、tokioto(トキオト)。


何となく、「東京都」と言ってるようでおかしい。


日本の地名では、ちゃんとそういう呼称が決まっているのは東京ぐらいではないかしらん。
多分、こういう呼称は定着したものが採用されるのだと思うので、
皆さんもご自分の町の人たちの呼び名は自分で考えて定着させてみてはいかがでしょうねぇ?


というわけで、私の出身地である金沢の場合、私のお気に入りはkanazawaneco(カナサワネコ)。
長すぎる?じゃあkanazanetti(カナサネッティ)てのはいかがでしょ?
スペイン語というよりはイタリア語になっちまうのが欠点かしらん。


とまあ、どうでも良い与太話におつきあいいただきましてありがとうござました。
[ 2009/10/05 23:59 ] グアテマラ基礎知識編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/669-2bd9172b