セラヤ帰国 

国外追放されてしまったホンジュラスのメル・セラヤが
密かにホンジュラスに帰国したニュースは日本でも報道されているようですが、
どうやらこのセラヤを乗せたベネズエラの飛行機、
エルサルバドルの空港で許可を得ないまま強行着陸して罰金が3万ドルだとか。
誰が支払うんだろ、なんて下世話な話が気になる私。


さてその飛行機から降りてきたセラヤ、
どこからともなく現れたFMLN(エルサルバドルの与党)がセラヤを乗せて
闇の中へ消え去った・・・・・・、20日の夜の22時過ぎの話だそうです。


こうしてエルサルバドルは大統領がセラヤ帰還を支援したと思われるわけですが、
それでもやっぱりこのベネズエラの飛行機には罰金3万ドルなんだそうで、
その罰金は既に支払われたのかどうか、
その飛行機はもう既に飛び去ったのかどうか、なんて話は伝わってきておりません。


エルサルバドルからは陸路ホンジュラス入りしたと思われるセラヤですが、
こうして86日の放浪の旅に終止符を打ったのか・・・・・・と思ったら、
今度はテグシガルパのブラジル大使館に駆け込んだとか。


多分ルラ大統領とは話がついていたのではありましょうが、
えーーーと、大統領って今、国連総会のためNYに行ってるんじゃないんでしょうか。
招かれざる大統領のミチェレッティと、本当ならNYにいるはずのセラヤの2人が
テグシガルパで角付き合わせることになってしまうとはね。


ミチェレッティもこの際だから堂々と構えていればいいと思うんだけれど
ブラジル大使館を取り囲んで、水と電気の供給停止の兵糧攻め。
「大使館におりたいんやったら10年やろうと何年やろうとおったらええがな」
と何故か関西弁で怪気炎。


市内はまた夜間外出禁止令が出て、
セラヤ支持派、反対派の間での衝突もあるようです。いやはやまったく。


何だかまた不穏な気配になっており、
グアテマラとホンジュラスの国境も閉鎖されてしまったようです。


そんな不穏な情勢なのに、ぶっとんだニュースがこれ
やってくれるな、産経さん。
ひょっとしたらそのうち訂正されるかな、と思ってキャプチャしておきましたが、
未だに訂正される様子はなく・・・・・・、どうでもいいニュースってことなのか。


ZelayaDeGuate.png
*画像クリックで拡大します


本文は正しいのですが、何故に見出しが「グアテマラのセラヤ氏」?
グアテマラ人がよく日本は中国にある、と思ってるように、
ホンジュラスはグアテマラにあってその首都はテグシガルパだってことなのかも?




[ 2009/09/22 23:08 ] ニュース | TB(0) | CM(4)

日本のテレビがリアルタイムでご視聴できます。

日本のテレビ(東京7局)がリアルタイムで楽しめます。
あとから見たい番組は録画の予約ができます。
いますぐ1日無料体験をお申し込みください。
[ 2009/09/26 05:35 ] [ 編集 ]

お元気ですか? 日本は今改革の嵐が吹きまくっています。突然ですから、担当大臣は休日返上 めちゃめちゃに忙しいはず。ばたばたとみんな倒れないか心配です。なんせ長い自民党政権下での置土産 そのお掃除はとにかく大変でしょう。じっと見て居るしかありませんが。
 ガテマラの政府も泥まみれになる前に何とかならないものなのでしょうか でもにほんだってここにくるまで50年掛ったのですもの。
[ 2009/09/30 07:36 ] [ 編集 ]

>popoさん

またしても遅いお返事でごめんなさいe-466

どうでもいいのですが、このハンドルネーム、スペイン語にするとちとまずいかも。
いやでも、このブログは日本語のブログだから問題ないよな。

サッカー選手ではカカという選手がいますが、この名前もスペイン語圏ではちとやばい。
ポポもカカも同じ意味で、日本語にすると排泄物、ざっと2種類ありますけれど大きい方の排泄物になります。
ポポの方が一般的ですけれど。

と、どうでもいいことから入ってしまいましたが、
日本は政権が代わってこの先どうなるのかしらん?と皆期待半分好奇心半分、ってところでしょうか。
時期的にお金をかけた政策が取れませんから、思い切って何か新機軸を打ち出すのも大変だとは思いますが。

日本は黒船がやってきて歴史が変わり、敗戦でまた歴史が変わっていますよね。
グアテマラはスペイン人の到来で一度変わり、独立でもう一度変わったのかな。内戦の評価というのはどうなのでしょう、今一つ良くわからないですねぇ。

グアテマラの宗主国であったスペインは75年のフランコ総統の死後、独裁ではなく立憲君主国へと転換し、まだ確かに内戦はあり、ゲリラは存在しているわけですが、華麗な変身を遂げています。

日本の戦後も天皇の存在が大きかったことなんかを見るとき、国の中心となりうる君主がいる国というのは、案外軸がぶれなくて強いのかなぁ、と最近思ったりします。

ラテンアメリカは比較的短期の大統領制、あるいはチャベスやカストロののように独裁に近い大統領制、でどうも国民のそれこそ象徴となりうる人物が不在であるのが安定しない理由なのではないかなと。

アメリカという自由と富の象徴のような国がすぐ近くにあるのもマイナス要因ですよね。
いやいや、難しいものです。
[ 2009/10/04 23:03 ] [ 編集 ]

ああ 良かった。 これだけ立派な論文を一気に(?)書き上げるエネルギーがあることにほっとしています・
今周りで体の調子が今一つと云う人が多いです(私もそのひとり)私は漢方で維持していますが。毎日びっくりなニュースが忙しい。これを分解して考えるのは不可能なぐらい難解、雑多。
 オリンピックになぜ国の元首が出掛けるのか?リオで行われるのは必然なのでしょうに。アフリカで初めての場所なのですから。 東京ではオリンピックPRに150億円使ったそうです。 日本はお金持ちですね。
 
[ 2009/10/05 18:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/667-21a47385