フェリア・デ・ホコテナンゴ 

書きたいことがないわけではないのですが、
職場で何台ものパソコンとの戦いの日々をすごしております。


日中それをやると、夜、自宅でそれをやろうという気力が失せてしまい
ここ数日ご無沙汰が続いておりますが、こういう時に便利なのがビデオ。


今日は8月15日のグアテマラシティーのお祭りの写真を貼って逃げてしまいます。
出てくるのは第2区の北部競馬場付近。
毎年、この界隈に露店が並び、たくさんの人が訪れるという話です。
・・・・・・行ったことないけど。


今年はどうやら、マイケル・ジャクソンも登場??





タイトルがFeria de Jocotenangoになっておりますが、
ホコテナンゴはアンティグアに隣接する市でして、
グアテマラシティーに遷都された時、
ホコテナンゴから被昇天の聖母の像が運ばれてきたことに由来する、
という話だったと記憶しています(あやふやですが)。


なので、グアテマラシティーの市祭なのにホコテナンゴ祭と呼ばれる、
ちょっとばかり奇妙な話になっておりますが
要は楽しければ名前なんかどうでもいいじゃん。ってことで。


[ 2009/08/27 07:14 ] 風物詩 | TB(0) | CM(2)

日本でいう歩行者天国(ほこてん)と同じような響きのホコテナンゴ祭ですね ビデオのお陰で臨場感を味わえます お祭りは何処でも平和を感じますが? ビデオは何回でも楽しめます。もう3回見ました。
[ 2009/08/27 07:28 ] [ 編集 ]

>新山礼子さん

ああ、「ほこてん」というのは思いつかなかったです。
ホコテナンゴはJocotenangoと書くわけですが、
ホコテというのは果実(梅に似ているかな)でして、
ホコテナンゴでホコテのあるところ、という意味になるんですよね。
でもホント、ホコテンに似てる(笑)。


どこへ行ってもこういう露店が並んでいるところの雰囲気って似てますよね。
この露店とか乗り物とか、グアテマラシティーが終わったら、
その次にお祭りがある場所にお引っ越し。
そうして一年中国内をぐるぐる回っているのだと思います。

今年はグアテマラシティーも治安面に気を配ったようで、
例年よりは安心して遊べた、という話を聞きましたが
残念ながら景気が悪い&グアテマラシティーが露店を出す場所を限定した、
ということでお店の人たちの表情は今一つな感じだったようですが。
[ 2009/08/29 15:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/661-e44c47f7