サン・ホセ港 

友人に連れられて、今度はサン・ホセ港に行ってきました。
サン・ホセ港というか、プエルト・サン・ホセっていうのはそのまま市の名前なので
日本風に言うならサン・ホセ港市ってことになりますが・・・。


サン・ホセはグアテマラシティから南に約100km、太平洋に面した港です。
古くから漁港として栄えた町で今回の目的も実は魚を食べること。
ちなみに貨物港であるプエルト・ケツァルはもう少し西に行ったところにありまして、
何故かサン・ホセの沖合いにはこんな船が停留しておりました。





太平洋って、結構波が荒い。
グアテマラシティーから最も近い海岸だけあって
シーズンには海水浴客で一杯になるのですがこの日は人もまばら。
この海岸、岸に近いところからすぐに深くなり始めるようで、
泳いだり、サーフィンしたりするのにはあまり向いていないようではあります。


その海岸には市場?もあります。


DSCN1337.jpg


タイ、マグロ、アジ、エビ、ヒラメ、スズキ、アサリ、イカ、えーとそれから・・・。
中にはかなり大きなタイもあったり。どれも新鮮です。
そしてお値段も、グアテマラシティーとは比べ物にならないくらい安い。


この日はタイとマグロ、ヒラメを一匹ずつ、そしてエビを220gくらい買いこんで
それだけ買ってもQ100。1200円ほどですか。
近くにある食堂に持ち込み。


DSCN1344.jpg


タイとマグロは刺身にしてもらい、残骸はスープに。
ヒラメはムニエル、エビは素揚げ。
これがどれもおいしいんですよぉ~。
写真はスープですが、向こう側に小さく食べつくされている刺身と
食べられつつあるエビが写っています。
ヒラメはこの時既にもう食い尽くされておりました。
個人的にはヒラメのムニエルが一番気に入ったかも。
エビも刺身もスープもおいしかったんですけれどね~。
ご主人は韓国人、奥さんがグアテマラ人、6ヶ月のお子さんがいるご夫婦がやってる食堂です。


久しぶりに魚を満喫。
小僧もとにかく全てが気に入ったらしく、いつになくたくさん食べてましたねぇ。
食べた後は再びビーチで波と戯れる。
いやしかし、この時間はもう暑さもピーク。
直射日光を浴びるのって、結構体力使うし、帰宅後はもうグロッキーだったのでありました。



[ 2009/08/01 22:43 ] できごととか | TB(0) | CM(2)

日本は今真夏の真っ最中のはずがまるで梅雨みたいです。夏休みなので我が家もこの10日ばかりで延べ60人ほどの人の出入りでした。 とうとう私は本当の目を回してしまいました。今日は注射をしたり、針にかかったり。海の幸の写真を見ていたら、急に食欲が出てきましたので今夜は近くで海鮮丼を食しました。今一つでした。ヒラメのムニエル食べたいなあ
[ 2009/08/11 08:24 ] [ 編集 ]

>新山礼子さん

10日で60人ですか!!!それはさぞ目が回ったことでしょうが、お体は大事にしてくださいね。

って、サン・ホセに行った後、私も体調を崩しまして、まだ本調子という感じではないです。

海鮮丼ですか、ああおいしそう。
小僧はこの日以来、急に刺身大好きっ子になってしまいまして、
私の方がびっくりです。
でも鯛のお刺身おいしかった・・・・・・。

お魚はやっぱりおいしくていいですねぇ~。
[ 2009/08/11 22:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/654-3774d9f8