新型インフルエンザ 続き 

先日、どうやらインフルエンザが流行っているらしい、
という話を書きましたが
金曜日にはこんなレターを学校からもらって来やがりました。
「A型インフルエンザの感染が校内でも増えてきたため、
 7月20日から24日までの一週間を休校とする」。


に、にゃにい~~~!!!
先日のレターでは「休校措置取らない」って言ってたじゃん!


まあでも校内でもA型インフルエンザの感染者が確認されていることに加え、
他校でも同様に休校措置を取るところが出てきており、
一方で保健当局が知らんぷりしているのを見ると、
学校としては慎重にならざるを得ないのかも。


そんなわけで、休校になってしまいました。
ただし、「休暇じゃないのよ」ってことで
毎日するべき課題が出るのだそうです。
ネットにアップしておくから、やって持ってきなさいねぇ~、
ということなんだそうで、現在課題がアップされ続けている最中です。


ただし、6年生以上は学校で既に使っているMoodle
オンラインで勉強する模様。
いいなぁ~、私もやってみたいよう。


さて、その肝心の新型インフルエンザの話ですが、
木曜日の朝刊に保健省のセルソ・セレソ長官のインタビュー記事が載ったのですが、
これを読んでびっくり、というかああやっぱりというか。


セレソ曰く、新型インフルエンザってのは
グアテマラに多々ある病気の一つに過ぎないものなんだそうな。
早い話が、デング熱やマラリアやロタヴィールスと一緒だと。
だから全然怖い病気じゃないそうです。


で、ここのところ感染者数は増えていない、と。
何たって検査をしてないわけだから、感染者数も増えないよな。


これはセレソが言ってる話には出てこないのですが、
実のところ、外来患者については簡易検査しか行っておらず
新型インフルエンザかどうかの検査は入院患者にしかやらないんだとか。
そら、感染者数だって増えないし、
人数だけ見れば、決して悪くないよな、
でもその一方で予防措置がおろそかになるから、逆に患者増えるんじゃ・・・。


大体ですね、この長官、感染患者が増えていた頃には
「金持ちが忠告も聞かずにメキシコなんかに旅行に行くから、
 病気が広まるんだ!!!」とトンデモ発言していたことがありまして、
おいおい、そんなこと言うなら、メキシコ人の入国も差し止めてくれよ!


まあこの政府はとにかく何でも金持ちのせいにするし
言うことはコロコロ変わるし、気にしてても仕方ないんですが、
とにかく自分の健康は自分で守るしかないんだな、
ってあらためて思ったのでありました。


[ 2009/07/18 23:57 ] 小学校 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/649-d056cb3a