クーデターの隣 

以前にも書いたことがあると思いますが、
私は民主主義というものをあまり信用していません。
特に、教育レベルがあまり高くない人たち、
字の読み書きができない人たち、
そういう人たちに自分達の為政者を決めさせるなんて、
そりゃあまるでデパートのレストランの前に並ぶサンプルを見せて
どれがいいかって選ばせるのと大して変わらないのではないかという気が。


そういう人だって一票なわけで、どんなに小国でも国は国だからと
政治的・経済的な影響力は持たなくても
援助や何かと引き換えに支持を約束し、
外交の舞台で一票とカウントされる小国に同じ。


それが民主主義だって言われても、どうしても納得いかないです。


ホンジュラスで起こったことは、決して他人事ではないこの国に住んでいる私にとって
とても残念な出来事でした。
まず書いておくべきなのは、私はセラヤがやった行為は違憲だと思っていることですか。
セラヤを支持する立場の方にとっては別の見方になるだろうということを
あらかじめお断りしておきます。


それにしても、普通に国会でセラヤの罷免決議をしていたら何の問題もなかったのに
どうして、よりによってまずセラヤを逮捕・国外追放してしまったのか。
それが故に国際世論の介入を招き、
その後に行われた国会での決議でさえ疑問を投げかけられるものになってしまいました。


今となってはミチェレッティ政権が国際社会と折り合いをつけるのは不可能でしょう。


米州機構でもホンジュラスに対する非難決議が採択され、
大使を召還する国もあり(これは現地の情報が得られなくなるのでマイナスだと思いますが)、
ついでに近隣諸国は48時間の国境封鎖を決定したのであります。
もっとも、空港は通常通りで、封鎖されているのは陸路だけのようですが。


一方ミチェレッティ政権は夜間外出禁止令を出したことは既報の通りですが、
インターネットをブロックして、国内と国外の情報を遮断しようとしている模様。
加えて、今日は戦車に向って突っ込んで行った人が殺されたという話もあって(事実かどうかは?ですが)
どうにもいや~な雰囲気が漂い始めています。
こんなやり方では、支持者さえ離れていきそう。


私が思いますに、新政権派は展開を読み誤っていたのでしょう。
セラヤを追い出したのは厄介払いをするためであって、
国際社会が「クーデターだ」と騒ぎだすとは思わなかったのではないかと。


一方で、国会で大統領を罷免、暫定大統領を決定する手続きそのものは
憲法に従って行ったわけです。
これで新政権が認知されるはずと思っていたのでしょう。読みが甘すぎ。
その後の対応も感心しないです。


私的な希望としては、セラヤが一旦ホンジュラスに帰り復職、
そこであらためて国会で罷免決議をしてほしい。できないことなんでしょうかねぇ~。


それにしても。
セラヤが明らかな憲法違反をしていても何も言わないのに
このクーデターには「憲法違反」と声を揃えて非難する国際社会にもがっかり。


世の中、それほど単純じゃないと思うけどな。
な~んて、単純な私が言っても仕方がないのだけれど、
とにかく、ホンジュラスにとって一番いい形で解決しますように。
それだけを願います。



[ 2009/06/29 22:10 ] ホンジュラス | TB(0) | CM(3)

ラテンカラーからのお知らせ

突然の投稿失礼致します。

当方はラテンカラー[ http://www.latin-color.net/ ]
というラテン(南米・中南米)在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.latin-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
[ 2009/06/30 22:51 ] [ 編集 ]

民主主義

やはり、選挙の前に全国一斉学力および社会常識一般、モラルハザード度診断テストでも行って、有権者制限した方が良いのでしょうか?

でも、そうやって篩いかけた有権者が選んだ政府が、正しい政治を継続的に行うか?って言うとそれも怪しい気がします。
最初、志は高くとも権力握ると結局、利益誘導→腐敗って事になるからなぁ。
その事に、誰かが気づいたときに権力を握るものを取り替えられる仕組みとして、消去法で民主主義支持です。僕の場合。
民主主義的手続きで権力について、その後その仕組み事態を権力保持のために変えてしまう事も良く起こりますが、それはその政府を選んだのが、社会のどの層の人々であっても同じではないかと思います。


しかし、日本の場合、識字率も高く、極端な地域間、民族間、人種間の対立もなく、もっともこの普通選挙による議会制民主主義ってのがスムーズに機能しそうな国なのに、なかなか政権交代が起こらないのは何故なんでしょう・・・
[ 2009/07/07 19:50 ] [ 編集 ]

>pescadorさん

そーなんですよ、じゃあどうすればいいの?って言われると難しいんですよね。

現実としては:
投票できるのは「小学校卒(義務教育満了)」以上にしてほしい。
「参政権」とは何かを知らない人に投票してほしくない。
そういうごくごくささやかな希望なんです。

あと「この人は大統領にしてはダメ」って言うような
ネガティブ投票もやって、
一定以上を超えたらやっぱりダメ、とかどうでしょう?

選ばれたらそれでOKじゃなくて、
支持率が一定を下回ったらやっぱりクビ、とか。
それじゃあやっぱりポピュリズムに走りそうかな・・・。


志高く、理想に走りすぎたが故に国に災いをもたらしたのが
ハコボ・アルベンス大統領。
農地改革は確かにすぐれた政策ではあったのでしょうが
当時としては先進的すぎて現実感覚に欠けていたのですよね。
政治家に理想は必要ですが、理想だけでもダメなのでもあるわけで。


汚職だけならまだ良いのですが、
怖いのは権力に囚われる為政者です。
ベネズエラは民主主義の形を取っているけれど、
やってることは反対の声をつぶして行く独裁政治です。

ベネズエラは豊かだからアメリカに楯突いても成立するし、
他の国もその傘下に入っていくわけで、
チャベスの言うことにも理があることもまた多々あるのは事実ですが
一方で少数の声をなき者にしてしまう、
こういう民主主義を私は認めたくありません。


日本の政権交代が起こらないのは、結局皆似たりよったりだからでしょう。
日本人は皆空気を読むのが上手だし、
他人と違うことが煙たがられる文化がありますから、
大きな違いを出せないままになっちゃいますよね。

日本のモノづくりはオリジナリティーよりも
細部の工夫、使いやすさに拘っていることを思えば
政治も同じような、ガラパゴス政治になってても不思議じゃないかも。
そう言えばイグアナに似てるかも、いや、誰がという話ではなくてですね・・・(モゴモゴモゴ・・・)
[ 2009/07/08 00:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/640-9f0fb1e7