ラシーヌ賛歌 

好きな演奏家に続くのは好きな作曲家。
一人と言われれば、多分モーツァルトなんですが、
あまりにメジャーなんでもう一人選んでみるとガブリエル・フォーレ(1845-1942)。
フランスの作曲家で良き教育者でもあった人で、
門弟にはやはり作曲家のモーリス・ラヴェル、
ヴァイオリン奏者のジョルジュ・エネスコなどがいます。
このジョルジュ・エネスコは前回のリパッティとも交流があり
(エネスコはリパッティの代父―ゴッドファーザーーでもあった)
リパッティはエネスコの曲の録音も残していたりします。


なぜフォーレが好きか?と言われても説明は難しいのですが。
時代的には古典期が過ぎ、
ベルリオーズやワーグナーと言った重厚壮大な作品の時代の後、
次の印象派へ移るまでの間に活躍したのがフォーレでした。
時代に流されるのではなく、時代に楔を打ち込むのでもなく、
でもその時代の風の中に屹立と佇むのがフォーレではないかと。
晩年は作品が渋くなっていくのですが、
初期から中期の作品のオーケストレーションや和声の素朴かつ華麗なこと。
相反する2つの要素を保ちながら昇華させることのできる稀有な作曲家だと思うのです。


日本でもフォーレの好きな方は結構いると思うのですが、
一番有名な作品と言えばレクイエムでしょうか。
あるいはCMでも使われることの多いシシリエンヌ
声楽をやる方なら夢のあとに月の光
合唱をやる方ならラシーヌの雅歌


このラシーヌの雅歌、
ひと昔前ならラシーヌ賛歌というタイトルの方が一般的だったと思いますが、
原題はCantique de Jean Racine(カンティーク・ドゥ・ジャン・ラシーヌ)、
ジャン・ラシーヌという詩人の詩に曲をつけたもので、19歳の時の作品。


私が最初に聞いたのはガブリエル・フォーレ少年合唱団という合唱団の演奏で、
午後の礼拝堂にあたる陽射しのような、その素朴な優しさから入ってしまうと
もう他の演奏が聴けなくなってしまうのが困ったものなのですが、
オリジナルは混声四部合唱です。


ガブリエル・フォーレ少年合唱団の演奏は既に廃盤になっていまして、
(復刻した版を売っているところも存在はしているのですが)
じゃあ、どの演奏がいいかしらん?とYouTubeを当たっていて、
実は大変困ってしまったのであります。


というのは、そのガブリエル・フォーレ少年合唱団の演奏が耳に残っているものですから
どうしても他の演奏に馴染めない。
それに、この素朴な歌を劇的に歌い上げるのも止してほしいよなぁ、
という個人的な思いもあり、そんな中でこれならいいかも、と思ったのがこのビデオ。


何故か雪景色から始まるのですが、この辺りはビデオを作成した人の創作。
ベルギーの漫画家エルジェさんの有名な「タンタン」のシリーズの内
「タンタン、チベットを行く」に出てくるシーンのカード(クリスマスカード)とかが登場しますが、
歌とは関係ありません・・・。
てか、YouTubeの解説のところ、
タンタンの話の部分だけフランス語で書かれていて、読めないんですけれど!!
何だかよくわかりませんが、そういう次第です。





Verbe égal au Très-Haut, notre unique espérance,
Jour éternel de la terre et des cieux,
De la paisible nuit nous rompons le silence :
Divin sauveur, jette sur nous les yeux.

Répands sur nous le feu de ta grâce puissante ;
Que tout l'enfer fuie au son de ta voix ;
Dissipe ce sommeil d'une âme languissante
Qui la conduit à l'oubli de tes lois!

Ô Christ ! sois favorable à ce peuple fidèle,
Pour te bénir maintenant assemblé ;
Reçois les chants qu'il offre à ta gloire immortelle,
Et de tes dons qu'il retourne comblé.





[ 2009/06/13 00:46 ] monjablancaのお気に入り | TB(0) | CM(2)

連日ビディオを楽しませていただいています。そして感嘆しています。私はインターネットを開ける技はできても動く画像を張り付ける技術ができません。あなたの動画に感嘆している毎日です。私に其れが出来ればきっとお返しに楽しいビディオを送りたいものです。それにしてもリッパテにしてもフォーレにしても音楽の解説書を読見ながら聞けるので何と親切なブログとまた感嘆。何度でも感謝をしたいです。
[ 2009/06/13 07:09 ] [ 編集 ]

>新山礼子さん

私も難しいことはわかりませんが、
YouTubeの場合ははりつけができるようにコードが作成されてますから、
それをコピーしてペタリと貼り付けるだけでOK。
コメント欄だとリンクアドレスくらいしか貼れないはずですが、
アドレスじゃなくても「こういうのがあるよ」というのをお教え頂ければ
探してみます!

いや実は、最近アップする時間が遅いのは、いいビデオがないかなぁ~と思って
YouTubeの動画の発掘をしているからだったりするんですが・・・、
クラウスの時は「あれもこれもいい」だったんですが
フォーレの時は「なかなかいいのがない」で、
どちらもかなり時間かかりました。
リパッティは全部聞いて知っているので迷わなかったんですが(笑)。

いやぁでも、自分の好きなもののことを勝手に書きなぐるのって、楽しい!!
かなりの部分自己満足でやっているわけですが、喜んで頂ければ嬉しいです。
こちらこそ感謝です。
[ 2009/06/13 09:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/631-7a0fd360