塩鱈 

復活祭までの40日をカトリック教会は四旬節と呼び
反省と節制と自己犠牲の期間としています。


その節制の一環として、この期間には肉食を避ける、
という習慣があるのですが、
肉断ちをして何を食べるかと言うと魚。
もっとも、日本にいた頃の神父様は
「日本は魚もおいしいから、
 魚も我慢しましょうねぇ~」とおっしゃっていて
そりゃもっともだよなぁ~とは思っていたのですが、
グアテマラ付近ではそんなことありません。
巷の食堂のメニューにも魚が増えるのがこの季節。


でもだからと言って、スーパーなんかの店頭に
新鮮な魚が並ぶ・・・なんてのは望むべくもなく。
そりゃ、港方面まで行けばキトキトのおいしい魚があるんですが。


そんなわけで、この季節に人気があるのは
オイルサーディンと塩鱈。
オイルサーディンは年中売られているのでまあ良いとして
問題は塩鱈。
これがまた、本当にこの季節にしか店頭に並ばないのであります。


もちろんグアテマラ近海で鱈が獲れるわけはなく
(ちょっと沖まで行けば?マグロなんかは獲れるらしいです)
み~んな輸入物。
それも薄い身に塩がびっちり貼り付いていて、
身そのものよりも塩の層の方が遥かに厚そうな
塩と鱈の身のサンドイッチ状態。
もちろん、塩抜きして食するわけなんですが、
それでもかなり塩辛い。


でも近年はも少し塩の層が薄くて身が厚い、
高級塩鱈なるものが店頭に並ぶようになっています。
ものすごくおいしそうなんですが、これがまた無茶苦茶高価。


毎回手に取って眺めて、う~んと唸っては
結局元のところに戻してしまい、
その次に行った時にもまた手に取って眺めては
やっぱりう~んと唸って元に戻す。
で、ある日突然品切れになっていると、
やっぱり買っておくんだった~!と激しく後悔する。
そういうシロモノです。


でも今年は両者の中間のような、
身もほどほどで塩もほどほどの、そういう塩鱈がありました。
切り身ではなくて、小さな鱈の身を塩漬けにした物が出ていて
お値段もまあ、これくらいならなんとか。
これを思わず買ってきて料理に使って、
何だかものすご~く幸せです。


塩抜きしてもまだちょっぴり塩辛いのですが
それでもご飯と食べると、あ~幸せ。
海の魚の香りです。


そんなわけで、四旬節の節制が全然できないにも係わらず
年中四旬節だといいのに。
とちょっと思ってしまう私は罰当たりかも・・・。



[ 2009/03/16 23:46 ] 風物詩 | TB(0) | CM(3)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/03/18 01:22 ] [ 編集 ]

塩鱈

 塩鱈をこんなに美味しそうに食べていることを聞いたのは初めてです。私が、明太子をご飯に載せて食べて嗚呼幸せ!!と思うのと同じかな? それにしても塩鱈ってどんな味なのか日本でも売っているのかしら?まだ目に止まったことないです。今度注意して探してみます。そしてトライします。
[ 2009/03/21 07:54 ] [ 編集 ]

我ながら

>新山礼子さん

妙なヤツだと思いますが、止められません(笑)。
明太子、ああ、聞いただけでヨダレが・・・。

こちらでも売っているお店はあるのですが、
それを食べた人が食中毒になった、ってのを聞いて以来
一度も買っていません。
てか、それ以前も買ったことありませんが。

私はおいしいお魚が豊富にある金沢の出身ですから
やっぱり魚、好きなんですよね。
それなのに、ここじゃあ、もうくたびれはてているような魚しかお目にかからないわけで、
もちろん、あるところには新鮮な魚があるのですが、
魚はお値段も高めなので、
常食にできるような食材にはならないわけです。

そうするとこういう時に出てくる塩辛い鱈でさえおいしい。
新鮮な魚が手に入る日本だったら、
やっぱり私もこんな塩鱈、見向きもしないような気がします。

てか、それ以前に売ってないですよ、誰も買わないですもん。
[ 2009/03/23 22:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/590-c1939883