愚痴モード 

ちーとばかしサボリ気味の今日この頃。
いえ、実は書きたいネタはあるのです。
でも、調べものをしないと書けなくて、
それがなかなかはかどらなくていたりします。
今しばらくご容赦ください。


最近とてもびっくりしたことがあります。
実は、先週、小僧の先生に呼び出しをくらいまして、
いや、呼び出しそのものはびっくりというよりは
やってくれたなコイツ、って感じでありました。


仕方なく学校まで出向いて話を聞きますと
「授業中おしゃべりしすぎ」とかそういう話で
どちらかというと小僧のキャラクターを把握することが目的のようで
先生、子供一人一人をよく見てるよな、と思って感心したものでした。


で、びっくりしたというのはその話ではなく、
学校に向う途中、私が通ってきた道の近くで
殺人があったというニュースがラジオから流れておりました。
これもまだびっくりの範疇には入りません。
これくらいなら年に数回は起こります。


びっくりしたのはその翌日。
学校から帰って来た小僧が
「ルイスのお父さんが殺されたんだって」ってな話を始めた時。
よくよく聞いてみると、前日ニュースで流れていた
あの殺人事件ではありませんか。
これにはもうビックリです。


強盗や誘拐事件に関連して殺人が起こるケースもままあるのですが、
この事件は殺し屋による殺人と見られています。
バイク1台と車に乗った一味の犯行と見られ、
バイクに乗っていた男が逮捕されていますが
現場に残された薬莢は18個。
被害にあったルイス・ペレスさんの車、
フロントガラスに何発もの弾痕が残されていて、
実は見慣れた光景ではあるのですが、
被害にあったのがいささかなりとも係わりのある人であったこと、
ひょっとしたら会ったことがあるかもしれない人であることが、
心にずしりと重たいです。


グアテマラではこういう形の殺人は日常茶飯事。
この前バスの運転手を殺害した犯人が逮捕されましたが
彼はその殺人をQ300(2400円4500円の間違い)で引き受けたと言っていました。
バスの運転手というのはマラス(ストリートギャング)に一番狙われており、
昨年来何十人もの運転手が殺されていまして
実に危険極まりない職業になっています。


加えて先週はマラスへの上納金を納めなかったバスに
爆弾が仕掛けられて炎上、などという事件も起こっており、
バスに乗ることすらも命がけになりつつあります。


「ここは危険、危ない」という話は
このブログにはもうあまり書きたくないと思っているんですけれど、
余りに身近に起こった出来事に
ついつい書き散らかさずにはいられなかったのでした。


次回は何か明るい話でも書きたいです・・・。




昔、約17年前 そのころガテマラに行きましたが、あの時の街並みを思い出しますが、こんな危険はありませんでした、せめてスリ。いつの間に荒廃してしまったのだろうか?。それは今の日本だって形は違いますが、考えられない事件ばかり。一体何が原因なのでしょう。きっと物質文明になった副産物でしょうか。 もう私たちが生きているうちに解決はできないでしょう。ますますエスカレートするのでは? ガテマラに出かけたいのですが ちょっと自信がありません。あの素朴なマヤの人々を思い出すと心が重くなります。でも希望を持ちたいです。持ちましょう。
[ 2009/02/17 07:27 ] [ 編集 ]

あの頃は

>新山さん

まだ内戦の最中でしたが、
逆に一般の治安は良かったのかもしれません。

最近の治安の悪化には、メキシコの麻薬カルテルが絡んでいるという話もあり本当に物騒です。

次の世代のために、私たちにできることは何なんでしょう。
明日は今日よりも良い日でありますように。
[ 2009/02/17 21:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/569-3f7d17d4