Scratch 

小僧の学校で、今年からプログラミングの授業があるんだそうで、
一体何をするんでしょ?と思っていたんですが、
始業前の説明会ではScratchというプログラミング言語を使うのだということでした。


このScratch、言語というよりはツールという方が正しいような気がしますが、
MITのメディアラボで子供向けに開発されたものなのだとか。
最近では日本語での使用も可能となったんだそうで、
今後は日本の学校でも導入するところが増えていくのではないかと思っています。


簡単に説明してみましょうか。
デフォルトではスクリーンにネコが1匹いるのですが、
命令文によってこのネコにいろんなコトをさせる、
ということができるのであります。


この命令文、あらかじめ用意されているものもあれば、
自分で作ることも可能。
右に歩かせたり、上に跳んだり、ぐるりと回したり、
話をさせたり、etc.
もちろん、背景を設定することや音楽をつけることだって可能です。


というわけで私も少し触ってみたのですが、
難しい約束事なしに、簡単にネコを動かして話をさせることができたのに感動。
普通、こんなに簡単じゃないですもん、PCに何かさせるのって。


子供向きではありますが、
プログラミング初心者の方なら誰でも楽しめるのではないかしら。
オブジェクト指向とか命令文の書き方、
繰り返す内に自然に身についていくようになっています。


ScratchのサイトやYouTubeに作品がいくつもアップされています。
とりあえずここには、単純ながら結構気に入ったBush Danceを。



Scratchのサイトはこちら
ここからダウンロード・インストールすると使えるよになります。


ダウンロードするとサンプルファイルがいくつか一緒に含まれています。
まずはそれを見てみると良いのではないかな、と。


日本語での紹介サイトとしてはPOP*POPさんがわかりやすそう。


プログラミングに興味はあるけれど難しいから、と思われる方は是非。



[ 2009/01/25 22:08 ] 小学校 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/567-459f2440