日本は遠い 

今回の旅行、ユナイテッド航空でチケットを買いました。
今年の9月にユナイテッドがグアテマラから撤退したので
選択の余地は狭まったのですが、
タカ航空の便がユナイテッドとのコードシェアとなったため、
ユナイテッドでグアテマラから成田までのチケットの購入は可能でした。


可能でしたというか、一番安かったのがこのユナイテッド。
何しろ直行便がないので、乗り継ぎであちこち探すわけですが
ロス経由のユナイテッド、ヒューストン経由のコンチネンタル、
この2つがお安めで、
ダラス経由のアメリカンやアトランタ経由のデルタは案外高く、
メキシコ経由のアエロメヒコとかJALになると
問題外の外という趣を呈してくれておりました。


そんなわけでユナイテッドという名のタカ。
グアテマラ発は12月15日の夜の便だったのですが、
ゲート付近で待っていると、
いきなり窓の外にぽぽんぽんぽんと花火が撃ちあがったのでありました。


そう言えばこの日は、空港の近くにあるオベリスコ広場で
クリスマツツリーの点灯式のある日。
それを祝う花火が撃ちあがったというわけでしたが、
いやぁ~、何だか嬉しくなっちゃいましたねぇ。


写真はその花火、どうしてもガラスに反射してるものが映っちゃうので
ちょっと心霊写真めいてますが。

081115 アウロラ空港2


そう言えば、いまだに改装工事の終わっていないアウロラ空港ですが、
中にはマクドナルドがオープンしておりました。
ゲートの外にもあるのですが、
保安検査場を通った後のゲートエリア、ここにも新装開店。
マックの他にはコーヒーやら軽食喫茶があったりいたします。


タカ航空。ロスまでの便はエアバスのA320が飛んでいます。
この飛行機、シートがゆったりしていて、
すわり心地がなかなか快適。
確かユナイテッドはボーイングの737辺りだったと思いますが、
意外と窮屈だったような記憶があります。
あと、タカって何故かキャビナテンダントに男性が多いんですよねぇ。
女性もいる、とは聞いたことありますが、
当たったことがあったっけ?ちょっと思い出せないです。


思いますに、ラテンの人が里帰りする時の大量の荷物、
預ける荷物はもちろん、機内持ち込みも結構皆さんすごいのですよ。
最近は1人1個10Kgまで、って制限がうるさいですが。
それを頭上によいしょっと持ち上げたり、
荷物を整理したりするのには、やっぱり力のある男性じゃないと
いけないんじゃないかとか。


そんなつまらないことを思ってる間に離陸です。
ロスまでは約5時間の旅。
そう言えば、タカって以前は機内食がなくて
有料でサンドイッチを配っていたけれど、
この便は夕食がついていました。
量はどちらかと言えば少なめかもしれないけれど、
これが結構おいしかったですねぇ~。


食事の後、一眠りすると、次に目を覚ました時は
もう着陸態勢に入っていました。


ロスの空港って、密かに、アウロラ空港の次に
良く行っている空港だったりします。
乗り継ぎだけなんだけれど、
その乗り継ぎが常にロサンゼルス、になっておりまして、
多分成田よりも行ってる回数多いはずです。


それなのに、いつもと違っていたのが到着ターミナル。
飛行機から降りて、通路を通ってエスカレーターを下ると
そこはイミグレーションへの通路、のはず。
それなのに、そこにはドアがあって、バスが待っていて・・・、
ロスでバスに乗るのは初めてだ。と思いながら
乗り込んで降りて、イミグレーションについて「ははぁ~ん」。


タカって第2ターミナルに乗り入れている航空会社なのですが、
何らかの事情でここにつけられず、別のターミナルに回された模様。
着いたのはトム・ブラッドリー国際ターミナル。
なぜわかるかと言うと、イミグレに日本語や中国語の表記があるから。
トム・ブラッドリーは太平洋路線の航空会社が多くつけているところで
JALやANAもここにやってきます。
ここの方が第2ターミナルよりも広いし、明るいし、いい感じ。
入国審査官は感じのいいラテン系の方で、スペイン語でOKでした。ははは・・・。


何だかトクした気分で入国手続きを終え、
シャトルバスに乗ってホテルへ(ホリディ・イン)。
部屋に入ると共にバタンキュー、そして6時間後には起きて出発。
何と言っても飛行機代好き小僧と一緒の旅なので、
空港の中で過ごせる時間というのは、限りなく大切だったりするのであります。


そんなわけで、とっととチェックインもして、保安検査場も通過し、
飛行機の良く見えるところへ。
あ、ユナイテッドは第7ターミナルですので、
この付近からはユナイテッドばかりしか見えません。
もちろん、滑走路が見えるところからなら、別の航空会社も見えるのですが。


私たちの登場予定のUA891便は11 :10発予定で
成田でワンストップするバンコク行き。
その前にJFKからロスまでやって来るみたいですが、
まずこのニューヨークからの便が若干延着。
11:30出発に変わり、その時間も過ぎてやっと搭乗開始。


しばらくして動き始め、トーイングカーを切り離し、
さてさていよいよだぞ、と思ったら。


何とそこで止まってしまったのでありましたよ、この飛行機。
しばらくして「機体の不具合を調整中」という案内があったのですが、
1時間ほどしてから
「ただ今まで、地上と無線交信により修理を行っておりましたが、
 技術者による修理が必要なため、一旦ゲートに戻ります」
という案内が。
でもこれも牽引車に引いていってもらわないといけないらしく
それを待つのにまたしばらく。
やっと動いてゲートに戻り(元のゲートじゃなかったけれど)、
そうこうする内にまた時間が経ち。やがて
「当機はただいままで懸命の修理を行っておりましたが、
 問題が解決しないためにフライトを行わないことと決定いたしました」
というアナウンスが流れ、
おわー、短い休暇なのに、何してくれるんだユナイテッド。
と心の中でドツキながら、飛行機を降りてターミナルのカスタマーサービスへ。
ここでチケットの振り替えとホテルの手配をしてもらわないといけません。


飛行機の中で2時間、そして更に1時間。
それでもまだ私は列の中ほどより前にいましたから
まだ良かった方だとは思うのだけれど。


写真はそのチケット変更の列。
私より前にいた人たち、
すなわちこの倍以上の列があったのでありました。

081116 ロサンゼルス空港チケット変更の列


私のチケットの変更手続きをしてくれたのは白人女性、
「グアテマラから来たの~!?」と目を丸くし、
ホテルバウチャーの手配をしてくれてた時、
食事が夕食1回分しかついてなかったのに
「このバカタレのシステムがっ!」と怒っていたのに笑ってしまいました。
申し訳なさそうに
「夕食のクーポンしかないけれど、
 もし他にも食事したら、もちろん請求してもらって構わないのよ」。
それしても、マイレージ加算してくれるだけだろうけれどな。
どちらにしても、彼女のお陰でユナイテッドの好感度がアップ。


そう言えば、2年前にユナイテッドの同じ便で帰国した時、
電気系統のトラブルとかで出発が遅れ、
出発したのは良かったんだけれど、
ちょうど私たちの座っていた付近の電気システムが機能せず、
映画のサービスもなければ照明さえつかない、なんてことがありました。
この時はキャビンアテンダントがクレーム用紙を配ってくれて
書いて渡したわけなのですが、
何ヶ月も経って忘れた頃にユナイテッドから
「大変申し訳ありませんでしたので、マイレージを加算させて頂きました」
てな内容の手紙が届いたことがありました。
相性悪いのかもね、私とユナイテッド。


昼食も取らないまま、既に4時近く。
実家に連絡し、小僧の昼飯用マックを買い付けて
スーツケースをピックアップして空港を出ると、
再びシャトルでホテルに向ったのでした。


今度のホテルはゴージャス。
ウェスティンなんてデラックスホテル、
今までに泊まったことありません。
部屋の張り紙によると、2人で$350の部屋だとか。
高い部屋だけあって、ベッド1つに枕が5つもついてます。
ベッド2つで枕が10個。
枕投げして遊びたい方にはオススメです。


1日を空港で潰してクタクタになったわけでしたが
快適なホテルでお風呂に浸かると、
不満よりもむしろトクしたかもな、と思ってみたり。


そう言えば、ロス、どこに行ってもラテン系。
てか、観光関係に勤務するラテン系の人、多いですよね。
シャトルバスの運転手さん、ホテルのポーター、
そこら辺の売店の売り子さんたち、
スペイン語で通じるのがありがたい、
てか、小僧とスペイン語でしゃべっていると
向うから話しかけてきてくれて、
時に盛り上がったり致します。


ウェスティンでは、
小僧がテレビのスペイン語チャンネルを見ていたら
荷物を持ってきたお兄ちゃんが
「スペイン語すの?」
彼のスペイン語はいささかぎこちなく、
アメリカ生まれのラテン系らしいのだけれど、
何気に嬉しい瞬間でもあったりします。


シャトルの運転手さんにもペルー人だったかなぁ、がいて、
「グアテマラに住んでるんだよ」
と言うと、
「おーー、ボクのツマはグアテマラ人よ」
で話が盛り上がり、
ホテルから空港までの道中、ずっと話しっぱなしでした。
やっぱり口から生まれてくるんだよね、ラテン系(笑)。


私の書く文もユナイテッドと同じで
なかなか日本にまで到着しないですね(笑)。
いい加減長くなって来たので、また次回に。



[ 2008/12/11 23:59 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/559-bbabb63d