究極のリサイクル業 

以前、グアテマラシティーのゴミ埋立場でゴミ崩れが起きて亡くなった方がいた・・・
というような話を書いたことがありますが、
この、グアヘーロ(guajero)と呼ばれる、
ゴミ埋立場で生活の糧を稼いでいる人たちのことを取り上げた記事がありましたので
簡単に紹介してみたいと思います。
Prensa Libre / Reciclaje : Familias viven de basurero de zona 3


記事によると、このグアテマラシティーのど真ん中にあるゴミ埋立場、
グアテマラ県で発生するゴミの約60%を受け入れているのだとか。
国内では年間6500トンのゴミが発生していて、
その半分がグアテマラ県で発生しているという話なので、
年間で1950トン、1日辺り5トンのゴミを受け入れてるってことになりますか?
案外少ないような気もするけれど・・・、ま、いいか。


さて、ここにやってくるゴミの内、25%がリサイクル可能なものなんだとか。
その25%のリサイクル可能なゴミを拾って生計を立てている家族が約2000世帯。
その2000世帯の中から、父、母、娘婿2人の計4人がグアヘーロとして働いている
フォロンダ・エルナンデス家のことが取り上げられています。


リサイクル可能なものは紙、段ボール、重金属、アルミニウム、ペットボトル、ビニールなど。
こういうものを探し出して仲買人に売り、
仲買人は再生業者に売り、こうして収入が発生するわけです。
グアヘーロたちの収入は、1人最低でもQ25~30、多い時にはQ50~60とか。
この世帯の月の収入はQ3,000からQ4,000くらいになるのかな。
贅沢しなければ、一家で生活していける金額ではあります。


このフォロンダ・エルナンデス家、27年前からグアヘーロしてるんだそうです。
それで得られる収入で8人の子供を育ててきたというのだから大したもの。
子供達も拾ったゴミの選別などで親の手助け。
ある意味・・・、豊かではなくても家族一緒に仕事できて、
ちょっと羨ましい気もします。


このグアヘーロ、大抵、このゴミ埋立場の近くに住んでいます。
匂いはひどいしハエや蚊と言った虫も多く、衛生環境は劣悪、
特に小さい子供達は呼吸器疾患を患うことが多いと言われていますが、
それでも、食べ物もなく、痩せ細っている貧しい地域の子たちよりはマシともいえるか・・・。


加えて、グアヘーロはリサイクルできるものをカンペキに拾いますから、
埋立場で埋められていくのは、本当に使い道のないゴミだけとなって、
究極のリサイクルができる・・・・・・とも言えるわけで。


このゴミ埋立場とグアヘーロ、事故もあって問題はあるわけですが、
ここで生計を立てている人たちがこんなにたくさんいる以上、
どんなに事故があっても、今更閉鎖したりするわけにはいかないんだろうなぁ・・・
と思ったりするわけです。


難しいですよね、いろいろと。



[ 2008/08/19 23:37 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/545-8e1f33fa