チャベスさん雑感 

先日の大統領就任式にやって来た各国首脳の中でも、
ベネズエラのウーゴ・チャベスは大人気。
マスコミも一生懸命追いかけていましたが、
やっぱりチャベスってのはなかなか魅力のある人だなぁ~。
とそれを見ていて思ったのでした。


やっぱり生半可に大統領やってないですね。
ポピュリズム的指導者、と言われるのも良くわかる。
それがいいかどうかはともかく、ですけれど。


このチャベスさん、以前グアテマラにいたことがあるんだそうです。
まだ一兵士だった時代、内戦下のグアテマラのウエウエテナンゴにいたんだとか。
「あの頃は大変だったよ、でも今は平和になって良かった、良かった」。
全身から出ているオーラが伝えられないのが残念ですが。


チャベスさん、チリのサルバドル・アジェンデとか
グアテマラのハコボ・アルベンスとかと比較されることもある人です。
アジェンデは医師、アルベンスは軍人でしたが、
どちらも左派政権で、いずれもCIAの関与したクーデターにより失脚。
まあですから、チャベスさんが「ワシを殺す計画がある!」って言うのも
実際問題として、可能性は決して低くはないだろうと思うわけです。


支持する人、しない人、それぞれに思うことはあるでしょうが、
あれだけの実行力を有し、アメリカにケンカを売れるのは大したもの。
国民を思う慈父なのか、それとも単なる独裁者なのか。


答えはチャベスさんの死後に出てくるのかな・・・・・・。


[ 2008/01/18 22:08 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/54-14fe7106