今日も雨 

先日は東部で崖崩れがありましたが、
国内のあちらこちらで崖崩れや浸水のニュースが続くようになってきました。
さすがにもう大地もこれ以上の水を受け止められなくなってきたのかも・・・。


そして今日は午後からの雨で、
グアテマラシティーから南へ向う幹線道路の橋が浸水。
数時間にわたってこの通りが不通となり、並行して南へ向う通りは崖崩れ。
帰宅ラッシュはものすごい大混乱であったようです。
皆さんお疲れ様。明日もがんばろー!

【追記】
実際に不通になったのは下り線ではなく上り線だったそうですが、
不通を心配した人たちが一斉に他の路線へ迂回したため、
この通り以外の通りが超渋滞したという話。
いや、ご苦労様です。




最近こればっかりですけれど、今日のお天気Google。
熱帯低気圧の子供が一杯。明日も雨か・・・・・・。


止まない雨と言うと、ガブリエル・ガルシア=マルケスの
百年の孤独を思い出してしまいます。
マコンドの雨はそれまでのマコンドの歴史をも押し流してしまうように
4年11ヶ月と2日間降り続くわけですが、
マコンドって、コロンビアのカリブ海に面した低地の町と想定されていて、
つまり、熱帯低地の町、なんですよね。


私のいるグアテマラシティーは高地なので、気候は若干違うわけですが、
いろんな色の雲が空に現れ、あっという間に空気の雰囲気が変わり、
遠くで雷が鳴り始め、やがて真っ暗になって豪雨となる、
そういう風景を眺めていると、マコンドっていう町が身近に感じられます。
雨が降り続くからではなくて、
物語の出来事が、実際にあってもおかしくはないような気がすると言うか。


実際、史実を元にして書かれた部分もあるわけですが、
個性的で変人の多いシュールなブエンディーア一家やその隣人達が
こういう空の下のどこかの町に実際に生きているんじゃないかと。
そのようにやはりシュールな雨季の雨の風景なわけですが、
雨なんてのは、2ヶ月も続けばもう十分。


これ以上被害が大きくならないことを祈るのみです。





【関連記事】
[ 2008/07/24 23:20 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/539-84cb6860