サンサルバドルでバスが川に流された事故 

今週に入ってまた雨が激しくなってきていますが、
エルサルバドルではサンサルバドル市内の川が増水、
バスが流されて多数の死者を出しています。


サンサルバドルは標高658mのところに開けた小さな盆地です。
サンサルバドル市そのものは小さくて72.5km2、ここに526千人の人が住んでいるから
人口密度は7,255人/km2と無茶苦茶高いところでもあります。
サンサルバドル近郊の市を含めた首都圏になると面積は570km2、人口はさくっと210万人。
人口密度は半分くらいの3,684人/km2となりますが。


・・・・・・もっとも、東京23区の人口密度は14,027人/km2だそうで、
サンサルバドルの2倍。さすが東京。


さて、そのサンサルバドル市の南側をアセルウアテ川という川が横切っております。
近年の市の発展に伴って、どんどん汚染が進んでいることでも有名な川で、
この川の流域にはスラムがあったりします。


その川が昨夜決壊し、サンサルバドル市内も一部浸水した模様。
この川に沿って走っているモンセラート通りは150cmほども浸水したといいます。
この通りを東から西へ向っていたこのバス、動けなくなってしまい、
少年2人が窓からバスの上に抜け出すのですが、飛び降りてなんとか助かったのは1人だけ。
この少年が飛び降りてから15秒後にはもうバスが流され始めたそうで、
バスが電柱にぶつかった衝撃でもう1人の少年は水に落ちて見えなくなってしまったそうです。


川の流れは西から東へと向っており、
バスもこの方向に流され、やがて川に落ち水に飲み込まれてしまった模様。
32人のうち生存者1名、死者31名。
救助作業も大変だったようで、60kmくらい流されていた遺体もあったようです。


このバス、橋脚にぶつかって大破し、本日引き上げられました。
その写真がすごい・・・。言葉を失うような写真です。
Prensa Grafica


ホンジュラスの空港での飛行機事故、
グアテマラの内務省長官を乗せたヘリの墜落、
そしてこの事故。
雨や荒天による事故がこの近辺で続いており、いやな感じです。


エルサルバドルでも太平洋岸は浸水の被害が発生しているようですが、
こちらでも太平洋・カリブ海両岸とも同じような被害が起きています。
今週末は雨が強くなるという予報もあり、何だか心配です。


早く雨季終わらないかなぁ~。


サンサルバドルの地図を見ていて、ついマッピングしてしまいました。
事故現場の他、遠い記憶を辿りながら、昔住んでいた家の付近とか、
とにかく思いつくままに目印を入れてます。なつかしー。



[ 2008/07/04 23:44 ] エルサルバドル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/531-16a1d2fe